くらし情報『元NBA選手コービー・ブライアント 自作の詩がアニメ化されオスカー受賞!<動画あり>』

元NBA選手コービー・ブライアント 自作の詩がアニメ化されオスカー受賞!<動画あり>

2018年3月6日 04:00
 

自作の詩を朗読するコービー・ブライアント(画像は『ForrorEyes2017年9月4日公開 YouTube「Kobe Bryant: Dear Basketball live W/John Williams at The Hollywood Bowl」』のサムネイル)


幼い頃からこの上なくバスケットボールを愛し、夜眠る時はボールを抱き、活躍するNBA選手たちにどれほど憧れ、素晴らしいプレーに魅了されてきたか…。常にそう話してきたコービー・ブライアント氏。NBA「ロサンゼルス・レイカーズ」が誇る世界のスーパースターの1人であった彼が引退に際し綴っていた詩がアニメ化され、その作品が大変な賞を獲得した。客席を超満員にしたオーケストラ付フィルム・コンサートの様子も改めて話題を呼んでいるもようだ。

2016年4月13日、LAステイプルズ・センターで行われたユタ・ジャズ戦をもって引退試合とし、そこで60もの得点をマークして世界中のファンを感動させたコービー・ブライアント氏(39)。彼は引退に際し、バスケットボールへのこの上ない愛情を『Dear Basketball』という詩に綴っていた。元ニューヨーク・ヤンキースのデレク・ジーター氏が、「メディアの介在を受けずにスポーツ選手の生の声を届けたい」として立ち上げたウェブサイト『The Players’ Tribune(ザ・プレイヤーズ・トリビューン)』に寄せたものであったが、それがアニメ化となり、昨年4月にNYマンハッタンで開催されたトライベッカ映画祭でお披露目となっていた。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.