くらし情報『『アンナチュラル』録画視聴率で引き続き好調 脚本家・野木亜紀子「(ドラマに)希望が生まれた」』

2018年3月6日 10:45

『アンナチュラル』録画視聴率で引き続き好調 脚本家・野木亜紀子「(ドラマに)希望が生まれた」

『米津玄師×野木亜紀子 アンナチュラル対談』(画像は『TBSラジオ FM90.5&AM9542018年3月4日付Twitter「【現在放送中】「米津玄師×野木亜紀子 アンナチュラル対談」始まりました!」』のスクリーンショット)


TBS系金曜ドラマ『アンナチュラル』第8話が3月2日に放送された。雑居ビルで発生した火災による10体の焼死体がUDIラボに運び込まれ、解剖や調査により身元が判明するなかで悲しい事実が分かる。また、六郎(窪田正孝)と父・俊哉(伊武雅刀)の確執など内容が濃かった。そのためか今回は、平均視聴率が10.5%(関東地区・ビデオリサーチ調べ)で前回を上回った。

脚本を担当する野木亜紀子さんは、オンエア後に『アンナチュラルな野木亜紀子(nog_ak)ツイッター』で「#アンナチュラル 第8話。すべての帰れない人たちに捧げます。ご覧くださった皆様ありがとうございました。録画の方もありがとう。録画視聴率は引き続き絶好調です」とツイートしている。

野木さんによると録画視聴率は“タイムシフト視聴率”と呼ばれ「昨今の視聴形態の変化を鑑みて、ビデオリサーチ社が従来の視聴率と併せて2016年10月(ちょうど逃げ恥のクール)から計測を始めた」ものだという。

民放5局(キー局)が4月から新指標に用いる“タイムシフト視聴率”は「C7」と呼ばれる「リアルタイム放送の後、7日目までに見られた“CM枠”視聴率の平均(個人全体)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.