くらし情報『狩野英孝、Siriを口説くもあっさり断られる「残念ながらできないのです」』

狩野英孝、Siriを口説くもあっさり断られる「残念ながらできないのです」

2018年3月6日 14:03
 

関連リンク

・山口達也 仕事関係者に送っていた“謝罪メール”の意外な文面
・いきものがかり、リーダー水野に聞いた個人活動の「謎の窓口」と「グループ再開」
・<King & Prince「シンデレラガール」CDデビュー記念>ドラマ・映画・CM…続々出演 多種多様なイケメン揃い“キンプリ”をおさらい
バカリズムの後ろでSiriを口説く狩野英孝(画像は『バカリズム2018年3月5日付Instagram』のスクリーンショット)


iPhoneに搭載されていることでお馴染みのSiri。2011年にiPhone 4Sに搭載されて以降、常に進化を遂げより自然な会話や的確な検索提示ができるようになっているが、狩野英孝の熱心なアプローチにはあっさり「NO」を突き付けたようだ。

さまざまな質問に答えてくれるSiri。中には驚くような鋭い回答をしたり、Siriにまつわる都市伝説的な情報が流れたりと何かと注目を集めているが、5日にお笑い芸人バカリズムが更新したInstagramでは、狩野英孝が無謀にもSiriを口説いている動画が投稿された。

狩野が「付き合ってください」と語り掛けると、「ありがとうございます。でも、残念ながらできないのです」と丁寧に断るSiri。それでも「そこをなんとか…本当に愛しています」と狩野が食い下がると、「それは面白い質問ですね」とよくある回答ではぐらかした。

さらに「好きです」と狩野が畳みかけると、「Webで“愛”を検索しますか?…冗談です」とユーモアまで披露。完全に狩野が手玉に取られていた。

このやりとりに、「なにやってんですかw」「面白い」とフォロワーも思わず笑ってしまったようだ。また、これまでも離婚や女性絡みのトラブルが取り沙汰されてきた狩野だけに「こっちの世界でもうまくいかず泣」と同情するファンも見受けられた。

画像は『バカリズム2018年3月5日付Instagram』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部根岸奈央

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.