くらし情報『トランプ大統領「オスカー史上最低の視聴率」 ツイートに司会者が反撃』

トランプ大統領「オスカー史上最低の視聴率」 ツイートに司会者が反撃

2018年3月7日 11:34
 

視聴率低下は「スターがいなくなったせい」とトランプ大統領


先日の第90回アカデミー賞授賞式は全米で中継されていたが、今年は史上最低の視聴率だったことが明らかになった。これを受け米ドナルド・トランプ大統領が「スターがいなくなったせいだ」とツイートし、国民から猛バッシングを浴びている。

『Nielsen data』の発表によれば、今年のアカデミー賞授賞式の視聴者は約2650万人、昨年と比較するとおよそ20%近く減少したことが分かった。また2008年の最低視聴者数3200万人を大きく下回り、史上最低の数字となった。

これを受けトランプ大統領は、以下のようにツイートした。

「オスカー史上始まって以来の最低視聴率。問題なのは、もはやスターと呼べる存在がいなくなってしまったことだ。我が国の大統領を除いての話だがね。(もちろん、冗談だよ!)」

どうやら“アンチ・トランプ派”の多いハリウッドをディスる、大統領なりの皮肉だったようだ。最後の一文は大統領がウケ狙いのつもりで書いたのであろうが、米国民の逆鱗に触れてしまったようでSNSが大炎上している。

「学校では銃乱射事件が起こっているのよ。オスカーの視聴率を話題にしてる場合じゃないでしょう!」
「トイレでツイートするか、私たちの払う税金でゴルフ三昧するか。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.