くらし情報『斉藤和義『歩いて帰ろう』を意外な場所で聴き、改めて「作って良かった」』

斉藤和義『歩いて帰ろう』を意外な場所で聴き、改めて「作って良かった」

2018年3月9日 18:05
 

斉藤和義「楽しいことは歌になりづらく“モヤモヤ、イライラ”を楽曲にすると自分はちょっと浄化される」(画像は『斉藤和義スタッフ2018年3月3日付Twitter「神出鬼没!和義さんの動きが気になる、あなた。」』のスクリーンショット)


斉藤和義が3月8日に放送されたNHK総合『SONGS』に出演した。デビュー25周年となる彼のスペシャルライブに加え、「聞き手:戸次重幸」による斉藤へのインタビュー、そして交流の深い笑福亭鶴瓶リリー・フランキーが語る「斉藤和義」という興味深い構成だった。

冒頭から「毎日欠かせない習慣は?」と問われ、「自主練的なことですね、夜にね」「発射といいますか…」という下ネタトークで周囲を笑わせるところが流れる。

そんな斉藤和義の人柄を、笑福亭鶴瓶はひと言で「ええかげん」と評す。現在51歳となる斉藤の「ええかげんな友達」の1人がリリー・フランキー(54)だ。鶴瓶は2人のエピソードを持ち出して「斉藤和義」を描写しようと試みる。

ある日、斉藤は地元に「おいしいところがある」とリリーを連れてわざわざ宇都宮まで向かったが、着いてみると「その店は潰れていた」という。またある時は、斉藤が昔付き合っていた女性が「飲み屋で働いている」との情報を聞き「探しに行こう」とリリーを連れて雨の中、スナックなどの店を訪ねて回った。飛び込みで「誰々さんいますか?」と探し回るなか、リリーは面白がるが当の斉藤は飽きてしまう。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.