くらし情報『スティーヴン・タイラー、21歳息子に殴られたトミー・リーに助言』

スティーヴン・タイラー、21歳息子に殴られたトミー・リーに助言

2018年3月11日 11:53
 

トミー・リーと元妻パメラ・アンダーソン


すでに55歳になっていた元「モトリー・クルー」のドラマー、トミー・リー。彼の飲酒癖をめぐり21歳の息子と大喧嘩になり、ボコボコにされたという本人からの暴露があり、本当かウソかと世間の関心が高まっている。とにかくハチャメチャなロックンローラー人生を歩んできたトミーのこと。人生に1度や2度、家庭内でそんなシーンが繰り広げられることは容易に想像がつくのであろう。先輩格のスティーヴン・タイラーが少しばかりコメントしたのでお伝えしたい。

188cmの長身で元はとんだイケメンだったトミー・リー。ミュージシャンばかりかモデルとしても活躍していた。当然モテた彼はパメラ・アンダーソン(1995~1998年)、 ヘザー・ロックリア (1986~1993年)、 エレーヌ・ベルゲン (1984~1985年)といく度もの結婚離婚を経験しており、親にならってモデルとなったブランドン・トーマス・リー(21)とディラン・ジャガー・リー(20)の2名の息子がいる。

このたびの家庭内トラブルの発端は、今月はじめにトミーの元妻でブランドンの母親であるセクシータレントのパメラ・アンダーソンが、あるトーク番組でトミーの過去の暴力やアルコール依存を激白したことにあった。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.