くらし情報『レイザーラモンHGのアート作品、テーマは「一発屋」 クールな出来栄えに会場驚き』

レイザーラモンHGのアート作品、テーマは「一発屋」 クールな出来栄えに会場驚き

2018年3月11日 14:43
 

レイザーラモンHGの作品がクール!


2005年に「フォー!」で一気にブレイクしたレイザーラモンHGお笑い芸人でありながら、テレビ番組でデッサンを披露したこともあり、HGの卓越した画力はお墨付きだ。そんな芸術面で優れているHGが、先日開催されたイベントで作品を披露した。なんとテーマは「一発屋」。一体どのような作品なのか。

3月1日から4日までパシフィコ横浜にて開催された、カメラと写真映像の情報発信イベント『CP+(シーピープラス)2018』にブースを出展したエプソン販売。初日にはブース内イベントとして『よしもと芸人プリント流行らせ隊決起集会』が実施され、よしもと写真部部長を務めるCOWCOW 善しとレイザーラモンの2人が登場した。

注目のHGの作品は、キャンバス地にプリントした自らの鍛えられた肉体の上に、アクリル絵の具でアレンジを加えたもの。普段から絵画制作の際はアクリル絵の具を使うというHGだが、今回の絵画と写真を組み合わせた「芸術作」に会場は度肝を抜かれた。タイトルは「ワンヒッターズ」で、日本語で“一発屋”を意味するそうだ。実際にこの作品の絵の部分には、一発屋芸人の要素が随所に盛り込まれている。具体的には、デニムジャケットはスギちゃん、紅白の腹巻きはクールポコ

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.