くらし情報『鮎川誠&川本真琴 レアな2ショットに「ダブルまことちゃん!」』

鮎川誠&川本真琴 レアな2ショットに「ダブルまことちゃん!」

2018年3月11日 19:17
 

関連リンク

・「おっさんずラブ」田中圭、内田理央と副音声第2弾!林遣都との仲良し裏話も
・キンプリ、ファンの総称は“ティアラ”に決定 デビュー実感で感謝「恩返しを」
・濱口優のインスタに5千件超のお祝いコメント 「今度は夫婦で無人島に!」の声も
川本真琴と鮎川誠(画像は『川本真琴 feat.tigerfakefur2018年3月5日付Twitter「このイベント最高だった!」』のスクリーンショット)


川本真琴が3月5日、『川本真琴 feat.tigerfakefur(19740119)ツイッター』に「このイベント最高だった!シゲさんよろしく!」と公開した画像がフォロワーの関心を集めている。彼女とシーナ&ロケッツの鮎川誠が並ぶ姿に「えー!鮎川さん!カッコイイ」「ダブルまことちゃんやんけ!」「鮎川さん昔から変わりませんね~」などの反響があった。

2016年3月4日に開催された40歳超えミュージシャンによるライブイベント『LOVE.40』にはシーナ&ロケッツや頭脳警察ギターウルフ、CHAPPIES(Vo&Gtうじきつよし、Ba 川上シゲ、Drs 武田“chappy”治)をはじめ川本真琴もゲスト出演した。彼女が投稿したのはその際のオフショットと思われる。

シーナ&ロケッツのボーカル“シーナ”こと鮎川悦子さんは2015年2月14日に他界したが、鮎川誠は彼女の夢を引き継ぎシーナ&ロケッツを続けている。シーナが旅立ってから3年後、川本真琴がツイートした3日前の3月2日、NHK福岡による福岡発地域ドラマ『You May Dream ~ユーメイ ドリーム』がオンエアされたばかりだ。

高校生時代に洋楽のロックやブルースを愛し、やがて鮎川誠に出会う副田悦子(シーナ)役を石橋静河が演じた。福岡県久留米市出身でロックバンド・ARBのボーカルや俳優として活躍する石橋凌の娘である。

鮎川誠役の福山翔大は福岡出身の俳優で、“鮎川誠”のしゃべり方や表情などよく研究していたのが印象的だ。“シーナ”と“まこちゃん”の物語でありながら、実は“シーナ”と“音楽”のラブストーリーが根底に流れる難しい設定を2人は見事に演じ切った。

さらには悦子の父・敏雄役を松重豊、母・スエ子役を徳永玲子、副田家と家族ぐるみのつきあいをする魚屋店主・シゲ役を佐田正樹(バッドボーイズ)といった福岡県出身のキャストで固めたことでセリフに臨場感が出ていた。

『シーナ&ロケッツ(rokketduction)ツイッター』では「すげー、かっこよすぎて涙がでた。鮎川誠さんを信じる悦子さん。そして、家族。いやー、愛だなぁ。ほんとかっこよかった!!」「こういうドラマは変なノスタルジックになったり見てて恥ずかしくなる事が多いけど、そんなの無かった。個人的にはシナロケライブを笑顔で見てる松重豊の所で泣けた」など様々な声をRTしている。

4月7日「シーナの日」には『鮎川誠プレゼンツ シーナに捧げるロックンロールの夜 #4』が開催される。『You May Dream ~ユーメイ ドリーム』について「良いドラマでした。全国放送じゃないのが勿体無い」「全国放送待ってます」という声もあり、何らかの記念日に実現することを期待したい。

画像は『川本真琴 feat.tigerfakefur2018年3月5日付Twitter「このイベント最高だった!」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部真紀和泉)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.