くらし情報『『99.9』元科捜研・沢渡役を白井晃が怪演「このばかものどもが!」』

『99.9』元科捜研・沢渡役を白井晃が怪演「このばかものどもが!」

2018年3月13日 11:01
 

『99.9』にゲスト出演した白井晃(画像は『【公式】99.9 SII@TBSテレビ2018年3月11日付Twitter「放送まで4時間前!今回、変わり者の先生を演じた白井晃さん。」』のスクリーンショット)


松本潤が主演するTBS系日曜劇場『99.9―刑事専門弁護士― SEASON II』もいよいよ佳境だ。3月11日に放送された第8話では東京地方裁判所所長代行・川上憲一郎笑福亭鶴瓶)が裁判長を務める法廷で、深山大翔(松本潤)たち斑目法律事務所法務部刑事専門ルーム弁護士チームが敗訴してしまう。

今回のゲストで強烈なキャラクターと言えば、元文部科学大臣・藤堂正彦役の佐野史郎だろう。深山のいとこ、アフロヘアーの坂東健太池田貴史)が営む小料理屋「いとこんち」では、常連客のシンガーソングライター・加奈子(岸井ゆきの)がかかってきた携帯電話に出て「アナゴが木馬に!冬彦さんで~!?」と話しながら飛び出す小ネタもあった。

その藤堂正彦の選挙事務所で殺害事件が起き、深山たちが調べるうちに毒物のセトシンが使われたことが分かる。ところがそのセトシンの成分分析で「科学捜査研究所」(科捜研)による結果よりも、元科捜研で個人的に鑑定をしている専門家・沢渡清志郎白井晃)はさらに細かく分析できるという。

常に着古した白衣を纏う沢渡は、深山らにそれがどういうことかを説明する際「発言する時は挙手してハイと言え」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.