くらし情報『THE ALFEE「3人が元気なら出続けたい」 リュック・ベッソン監督、日本語吹き替え絶賛』

THE ALFEE「3人が元気なら出続けたい」 リュック・ベッソン監督、日本語吹き替え絶賛

2018年3月13日 21:49
 

関連リンク

・DISH//、4人体制での初ツアー完走 新たな発表も<セットリスト>
・父と息子の共同作業で生まれたスター・ウォーズ映画 脚本家親子にインタビュー
・王室のご懐妊も当てた!? 英で話題の「アスパラガス占い」って?
映画『ヴァレリアン 千の惑星の救世主』ジャパンプレミアに登場したTHE ALFEE


THE ALFEE(桜井賢坂崎幸之助高見沢俊彦)が、3人揃って日本語吹き替えに初挑戦した映画『ヴァレリアン 千の惑星の救世主』(3月30日公開)のジャパンプレミアが13日に都内で開催され、来日したリュック・ベッソン監督、吹き替えキャストのゆりやんレトリィバァと登壇した。ベッソン監督に吹き替えを絶賛され、高見沢は「やった甲斐がありました」と笑顔を見せた。

映画『レオン』『LUCY/ルーシー』などを手がけた名匠リュック・ベッソン監督が、原作コミックを読んで10歳の頃から実写化を熱望していた同作。銀河をパトロールする美男美女コンビが全宇宙の存亡を揺るがす陰謀に立ち向かうSF超大作で、THE ALFEEは愉快な情報屋トリオ「ドーガン=ダギーズ」の日本語吹き替えを担当した。

高見沢が「いろんな国で吹き替えされていますが、僕らの吹き替えはどうでしたか」とベッソン監督に聞くと「最高なのは日本、もうひとつはイタリア」と監督から最大級の賛辞が返ってきた。続けて坂崎が「続編を作る予定はありますか」と質問すると、監督は「もしかしたらね。原作は29巻あります。ちなみにほとんどドーガン=ダギーズは出ています」とTHE ALFEEの続投をほのめかした。

高見沢は、イベント後の囲み取材で「世界的な監督でありますし、監督の映画を結構観てきましたから、僕も緊張しました」と話し、その監督に吹き替えを絶賛され「やった甲斐がありましたね。あまり最近褒められることがないので」と顔をほころばせた。「ドーガン=ダギーズは3人が元気なら出続けたい」と意欲を見せ、「(今年結成45周年のため)45年間やっているあうんの呼吸が出ていたんじゃないかな」と納得していた。3人の掛け合いは「台本通りです。間合いは僕らの感覚で。3人で息を合わせないと合わない。ステージでコーラスをやっていたようなものですよ。3人でやっていると心強いし、テンポ感を図れるし、そこは長年やっている強みですね。(予定より)時間が余っちゃいました」と初挑戦を振り返った。

また現在63歳の坂崎が、58歳のベッソン監督の印象を「5つ年下とは思えない貫禄がありました。体型的にも」と笑わせると、高見沢が「(監督は)いいもの食ってんだよ!」とすかさずツッコミ、坂崎は「よし、これからいいもん食おう!」とにっこりと乗ってみせた。

同作で歌姫リアーナが演じたショーパブダンサー“バブル”の吹き替えを担当したピン芸人・ゆりやんレトリィバァ。「ゆりやんのような女性はどうか」と聞かれて、高見沢は「かわいいですよ。(男性への)アピールもグイグイいくんじゃなくて好感が持てます。英語も上手いし、ハリウッドにいけますよ」と好印象のよう。しかし、ゆりやんが大声で渾身の芸を披露すると隣にいた桜井が「近くにいると結構怖いです」とこぼして笑わせた。
(TechinsightJapan編集部関原りあん

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.