くらし情報『ヘンリー王子&メーガンさん、リアム・ペインのパフォーマンスを嘲笑?』

ヘンリー王子&メーガンさん、リアム・ペインのパフォーマンスを嘲笑?

2018年3月14日 15:57
 

英王室の“Fabulous Four(素敵な4人組)”が勢ぞろい(画像は『Kensington Palace2018年3月12日付Instagram「The Duke and Duchess of Cambridge, Prince Harry and Ms. Meghan Markle joined The Queen and other Members of The Royal Family at service at Westminster Abbey, organised by The Royal Commonwealth Society, to celebrate Commonwealth Day 2018.」』のスクリーンショット)


英時間12日、ウェストミンスター寺院にて連邦記念日を祝うイベントが開催された。このイベントで「ワン・ダイレクション(1D)」のメンバー、リアム・ペインによるライブパフォーマンスが行われたが、彼の演奏直後に見せたヘンリー王子とメーガンさんの行動が物議を醸している。

英連邦記念日を祝うこのイベント、今年は英連邦がどのようにグローバルな課題に取り組み、全市民にとってより良い未来を創っていくことができるかを考える「Towards a Common Future(共通の未来に向かって)」がテーマであった。

当日は英バンド「ワン・ダイレクション(1D)」のメンバーで現在はソロ活動中のリアム・ペインがイベントに招待され、パフォーマンスを披露。今年のテーマにふさわしく、ジョン・メイヤーの楽曲『Waiting on the World to Change』をチョイスしたリアムは、エリザベス女王ら王室メンバーをはじめ世界中から集まった大勢のゲストらの前で熱唱した。

演奏終了後には、パフォーマンスの成功を喜ぶかのように、後ろに従えていた2人のギタリストたちと拳を合わせるリアム。会場が喝采に包まれるなか、この様子を見ていたヘンリー王子とメーガンさんは一瞬互いに顔を見合わせた。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.