くらし情報『『もみ消して冬』最終回で優しい一面 姉・知晶役の波瑠「#家族がいちばん」』

2018年3月18日 12:24

『もみ消して冬』最終回で優しい一面 姉・知晶役の波瑠「#家族がいちばん」

『もみ消して冬』のキャスト陣(画像は『波瑠2018年3月17日付Instagram「もみ消して冬 無事に撮影終了しまして、最終回も放送されました。」』のスクリーンショット)


3月17日、日本テレビ系土曜ドラマ『もみ消して冬~わが家の問題なかったことに~』の最終回が放送された。前回、山田涼介演じる主人公・北沢秀作と謎の男・吉田邦夫加藤諒)が「赤ちゃんの時に取り違えられた」事実が発覚、お互いに生みの親のもとで暮らしてみるうちに馴染んでいく。最終話ではそこからどのような展開になるのか読めなかったが、蓋を開けると「北沢家」の底力を思わせる見事な結末が待っていた。

女性警察官で秀作の恋人・池江里子役を務めた恒松祐里は、SNSで「初のドコメディ作品。先輩俳優の方々から学ぶことが沢山ありました」と振り返る。「シリアスなセリフも、少し言い方を変えれば面白いシーンにすることが出来たり、表情でも色々遊べたり」というように、キャスト陣の演技力がドラマのおもしろさを支えたと言えるだろう。

たとえば秀作の姉・北沢知晶は弟に対して冷たく当たりながら、実は彼の気持ちを一番理解しているようなところがある。最終回では「秀作が北沢家を陥れて恨みをはらそうとしている」と疑う父・北沢泰蔵(中村梅雀)に「もっと秀作を信じてあげるべきだ」と諭したり、さらには彼女に想いを寄せる警視庁SITのホープ・尾関光希小瀧望

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.