くらし情報『『99.9』続編の伏線か? 裁判官・川上憲一郎の本性を濁し「今後を見ないとわからない」』

2018年3月19日 14:40

『99.9』続編の伏線か? 裁判官・川上憲一郎の本性を濁し「今後を見ないとわからない」

笑福亭鶴瓶「ふかやまのデスクに座ってやったで…」(画像は『日曜劇場「99.9 SEASONII」の愉快な仲間たち2018年3月17日付Instagram「川上役の鶴瓶です。」』のスクリーンショット)


日本の刑事事件における裁判有罪率「99.9」をタイトルに掲げ、「残り0.1%」を確かめようと事実を追う弁護士を描くドラマ。TBS系日曜劇場『99.9―刑事専門弁護士― SEASON II』が3月18日に最終回を迎えた。前回、主人公の深山大翔(松本潤)をはじめ斑目法律事務所法務部刑事専門ルームの弁護士たちと法廷で対峙した東京地方裁判所の裁判官・川上憲一郎笑福亭鶴瓶)が、今回は深山たちが担当する放火殺人事件の再審請求を阻もうとする。

第5話「歪められた少年裁判 嘘つきは誰!?」(2月11日放送)では、最高裁判所・事務総局事務総長の岡田孝範(榎木孝明)と裁判官で東京地方裁判所所長・代行の川上憲一郎が「少年犯罪の厳罰化」をアピールするため、「17歳の少年2人による女子高生へのわいせつ事件」の判決を有罪にしようと目論んだ。

深山たちが事実を明らかにしたことにより判決は無罪となったものの、新聞に「裁判所の良心検察の暴挙を食い止める」と掲載され、川上たちは結果的にアピールを成功させた。

斑目法律事務所の所長・斑目春彦岸部一徳)は川上たちを「ただじゃ食えない相手」とけん制して、刑事専門ルーム室長・佐田篤弘香川照之

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.