くらし情報『『ホーム・アローン』マコーレー・カルキン、初体験は「15歳の時」』

2018年3月22日 13:05

『ホーム・アローン』マコーレー・カルキン、初体験は「15歳の時」

子役時代のマコーレー・カルキン


キュートなルックスと大人顔負けの演技力で世界中を虜にした映画『ホーム・アローン』の“ケビン・マカリスター”ことマコーレー・カルキン。米時間20日、彼はポッドキャスト『Anna Faris Is Unqualified』に出演し、自身の初体験を細かい描写を織り交ぜながら告白した。

1990年に大ヒット、その後も毎年クリスマス時期が訪れると必ず再放送される映画『ホーム・アローン』。ケビン少年を演じたマコーレー・カルキンは現在37歳となり、「あの頃の面影は何処へ?」といった風貌ではあるものの今でも細々とハリウッドで活動している。

そんなマコーレーがこのほど、ポッドキャスト『Anna Faris Is Unqualified』に出演し「僕が童貞を失ったのは、確か15歳頃だった」と驚きの告白をした。初体験は「なんとも奇妙で気持ちの悪い体験だった」と回想し、「自分はちゃんと型通りにコトが行えているだろうか?」と行為中は終始不安だったという。「ムードを盛り上げるために、ビートルズのアルバム『ザ・ビートルズ』(通称『ホワイトアルバム』)をBGMに流した」「生ぬるくてベトベトした」などといった細かい描写も明かし、番組を大いに盛り上げた。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.