くらし情報『AKB48は「地下アイドルみたい…」 小木博明がラジオ番組で発言した真意とは?』

2018年3月23日 14:30

AKB48は「地下アイドルみたい…」 小木博明がラジオ番組で発言した真意とは?

AKB48について「上の人たちがいつの間にかいなくなった」と小木博明


お笑いコンビ・おぎやはぎがパーソナリティを務めるTBSラジオ『おぎやはぎのメガネびいき』で3月22日深夜、小木博明が今のAKB48を「地下アイドルみたいになっちゃった」と評した。彼はこれまでも「AKB48は全員ブス」といった過激発言をしてきたが、今回「地下アイドル」にたとえた真意はどこにあるのだろうか。

3月21日にTBS系で放送された音楽特番『CDTVスペシャル!卒業ソング音楽祭2018』にAKB48も出演していた。小木はラジオのトークで「昨日も歌番組見てたけどさ」と話しており、その場面を思い浮かべたようだ。

彼が主張する趣旨は「AKB48の上の人たちがいなくなり、若手ばかりになって地下アイドルみたいな顔ぶれだ」というものである。「上の人たち」とは、おぎやはぎが競馬番組『うまズキッ!』(フジテレビ系)で共演していた小嶋陽菜世代のことだろう。

『うまズキッ!』では白石麻衣とも共演しており、今回のトークでは矢作兼とともに「可愛い子はみんな乃木坂に行ったと思ってた」「今や乃木坂ですら欅坂に比べたら古い」「俺たちは、まいやんと仕事してたからね…」とAKB48のみならず「坂道シリーズ」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.