くらし情報『森矢カンナ、上京当時の“美少女”ぶりに反響「これで13歳とは!」』

2018年3月28日 11:07

森矢カンナ、上京当時の“美少女”ぶりに反響「これで13歳とは!」

「13歳の時」と森矢カンナ(画像は『森矢カンナ2018年3月27日付Instagram「実家で写真の整理をしていたらでてきた。」』のスクリーンショット)


2009年、『仮面ライダーディケイド』のヒロイン役で注目を集めた森矢カンナ。現在は女優としてドラマやCMなどさまざまな作品に出演している彼女だが、父親の仕事の都合で上京した13歳の頃にモデル活動をスタートさせたという。自身のInstagramで当時の写真を披露したが、13歳とは思えない大人びた美しさに驚きの声があがっている。

森矢カンナは27日、自身のInstagramを更新。実家で写真を整理している時に見つけたという13歳当時の写真を投稿した。

幼少期を関西で過ごした森矢が父親の仕事の都合で上京し、モデル活動を始めたのがこの頃。モデル事務所に所属して初めてカメラの前に立ったその日を振り返り、森矢は「自分でも何が起こってるのか分からなかったのを覚えてる」「でも胸の中がぎらぎら燃えたのも覚えてる」と綴っている。

確かに写真を見ると、どことなく不安げな表情が印象的だ。現在と比べ丸みを帯びた顔立ちで「ちなみにおたふくにかかっているわけではない」と説明した森矢だったが、女優の水川あさみは「この写真はお饅頭を撮った写真ですね?」と冗談交じりにコメントしておりフォロワーの笑いを誘った。

その一方で、13歳とは思えない大人びたルックスで「これで13歳とは!」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.