くらし情報『トランプ大統領の元浮気相手、関係者から卑劣な脅迫も「娘さん、ママに何かあったら…」』

トランプ大統領の元浮気相手、関係者から卑劣な脅迫も「娘さん、ママに何かあったら…」

2018年3月28日 19:24
 

関連リンク

・国分太一、山口達也と会見後に面会 「甘えた言葉聞きたくなかった」と本音も
・アジーリア・バンクス 「キム・カーダシアンは絶対に大統領夫人になれない」
・TOKIO山口達也の「ZIP!」出演見送りを発表
トランプ氏、卑劣な手口も?(画像は『President Donald J. Trump2018年3月15日付Instagram「We will #BuildTheWall. #USA #MAGA #AmericaFirst」』のスクリーンショット)


先日、アメリカ大統領ドナルド・トランプ氏との過去の“仰天情事”について赤裸々に告白したポルノ界のタレント、ストーミー・ダニエルズ。彼女曰く、口封じに躍起になったトランプ関係者が卑劣極まりないやり方で脅しをかけてきたとのこと。トランプ氏との確執で知られるニュースキャスター兼政治コメンテーターも「私にも同じような経験がある」と明かした。

ドナルド・トランプ氏との過去(2006年)の生々しい情事をテレビで明かし、アメリカの人々を改めて驚かせたストーミー・ダニエルズ。その中で、トランプ関係者から以下のような「脅し」があったことも語っている。

「(浮気につき世間に明かそうとした際)ある男が近寄ってきたの。そしてこう言ったわ。『トランプのことはほうっておけ』『その話は忘れろ』ってね。」
「その男、私の娘を見てこう言ったの。『可愛い娘さんだな。もしお母さんに何かが起きたら、なんて可哀想なんだろう』ってね。」

ちなみに『The New York Times』には「何年も前に(トランプ氏と性的関係を持ったという)事実はない」とする書類がトランプ氏の弁護士から送られてきており、そこにはストーミーの署名や「トランプ氏から大金を支払われた事実もない」との文面もあったという。だがストーミーは、インタビュアーに「あなたの声明にある『情事はなかった』という部分は嘘なんですね」と問われて「そうよ」とあっさり認めており、嘘をついた理由は「それしか選択肢がないような気にさせられたから」と釈明した。

またニュースキャスター兼政治コメンテーターとして知られるメーガン・ケリーもトランプ氏の女性蔑視発言を問いただすなどしトランプ氏に嫌われたひとりだが、そのためやはり同氏側の関係者に脅迫されたとしてこのようにツイートしている。

「これも忘れないでおきましょう。(トランプ氏の大統領選キャンペーンマネージャーだった)コリー氏(Corey Lewandowski)が、第2回Fox News討論会に出ないよう脅しをかけたということをね。」

コリー氏はトランプ氏に対し厳しい発言をしたケリーを脅威に感じたのか、ケリーによると「討論会のモデレーターから私を外そうと動いた人物」とのこと。「最終討論会に続く数日間は、あなたにとって大変なものになりますよ?」などと、やはり脅迫されたとケリーは公表している。ストーミーとトランプ氏については「どっちもどっち」という声も多く、トランプ氏が金で情報を伏せようとしたという話は事実だろうと感じている人も少なくないもようだ。

画像は『President Donald J. Trump2018年3月15日付Instagram「We will #BuildTheWall. #USA #MAGA #AmericaFirst」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部ケイ小原)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.