くらし情報『エド・ウェストウィック、過去の性的暴行事件で法廷へ? 被害者は少なくとも3名』

2018年3月31日 13:24

エド・ウェストウィック、過去の性的暴行事件で法廷へ? 被害者は少なくとも3名

エド・ウェストウィック、ついに法廷へ?


ドラマ『Gossip Girl(ゴシップガール)』で“女癖の悪いチャック・バス”を演じた俳優のエド・ウェストウィック(30)が、過去に複数の女優に対して性的暴行を働いた容疑で警察の捜査を受けていることが昨年11月に大きく報じられた。美人なガールフレンドとの婚約どころではなくなったエド。今の彼は多くの時間を弁護士とともに過ごしている可能性がある。ロス市警に提出された被害届について検事当局が審理の段階に入っており、「裁判」の文字が見えてきたそうだ。

昨年11月、ロス市警ハリウッド署に「2014年に俳優エド・ウェストウィックから性的暴行を受けた」との被害届を出していた女優のクリスティーナ・コーエン(27)。エドの自宅でベッドルームを借りて寝ていたところを襲われたというもので、同行していたプロデューサーから「エドには金も人脈もある。騒がないほうが」と諭されて泣き寝入りしていた。だが、ハリウッドから悪質なセクハラ行為や性的暴行を排除しようという今の流れに勇気をもらい、あえて過去の被害を訴えたという。

そんなクリスティーナに続き、かつて“オーレリー・マリー・カオ”の名で女優をしていたというオーレリー・ウィンさんも「私も2014年7月に彼の豪邸のゲスト用ベッドルームで強姦された」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.