くらし情報『エド・ウェストウィック、過去の性的暴行事件で法廷へ? 被害者は少なくとも3名』

エド・ウェストウィック、過去の性的暴行事件で法廷へ? 被害者は少なくとも3名

2018年3月31日 13:24
 

関連リンク

・鈴木おさむ、妻の森三中・大島と久々の2ショット「気を遣ってくれたのかも」
・大島康徳、闘病中のがんの検査結果を報告「その時期が来たのかな?」
・見るほど深みにはまる! 究極の “だまし絵” エッシャー展
エド・ウェストウィック、ついに法廷へ?


ドラマ『Gossip Girl(ゴシップガール)』で“女癖の悪いチャック・バス”を演じた俳優のエド・ウェストウィック(30)が、過去に複数の女優に対して性的暴行を働いた容疑で警察の捜査を受けていることが昨年11月に大きく報じられた。美人なガールフレンドとの婚約どころではなくなったエド。今の彼は多くの時間を弁護士とともに過ごしている可能性がある。ロス市警に提出された被害届について検事当局が審理の段階に入っており、「裁判」の文字が見えてきたそうだ。

昨年11月、ロス市警ハリウッド署に「2014年に俳優エド・ウェストウィックから性的暴行を受けた」との被害届を出していた女優のクリスティーナ・コーエン(27)。エドの自宅でベッドルームを借りて寝ていたところを襲われたというもので、同行していたプロデューサーから「エドには金も人脈もある。騒がないほうが」と諭されて泣き寝入りしていた。だが、ハリウッドから悪質なセクハラ行為や性的暴行を排除しようという今の流れに勇気をもらい、あえて過去の被害を訴えたという。

そんなクリスティーナに続き、かつて“オーレリー・マリー・カオ”の名で女優をしていたというオーレリー・ウィンさんも「私も2014年7月に彼の豪邸のゲスト用ベッドルームで強姦された」との被害届をロス市警に提出。彼女は「エドはそういう状況でどれほど多くの若い女性に手を出してきたか」と激しく非難しており、「売名行為だといった批判や罵りは覚悟している。でも彼の傲慢な行為はすべて明らかにされ、正しく裁かれるべきだ」としていた。

そこにさらに続いたのが、クリエイティブ・ディレクターのレイチェル・エックさん。3人目の被害者である。2014年のアカデミー賞授賞式の前夜、ハリウッドのホテルでエドはレイチェルさんに迫り、無理やりキスしてベッドに押し倒すと体を触ってきたとのこと。彼女はメディアに「私の人生で最も不愉快な経験」などと告白していた。彼女は当時この話を親しい友人に打ち明けており、裁判になればその証言が大きな威力になるものと考えられる。

そして『PEOPLE』誌が、3人のうちどの女性の訴えかは特定しないものの、ロサンゼルス郡地方検事局の広報を担当するグレッグ・リスリング氏が今月20日、エド・ウェストウィックによる性的暴行事件についてはすでに審理の段階を迎え、裁判に向けた準備に忙しい様子を明らかにしたと伝えている。一方、エドの代理人や弁護士事務所などは同誌からの問いかけに応じていない。

エドは「とんだ売名行為のせいで自分こそが被害者だ」などと主張し、彼女たちの訴えを全面的に否定してきた。だが、騒動の最中に婚約が伝えられたジェシカ・サーファティさんとの関係はどうなったのだろうか。今年1月にデートの様子が目撃されたものの、婚約指輪の話題を探そうにもエドのTwitterやインスタグラムは2017年11月7日でストップしてしまっている。

実は11月9日、エドは性的暴行疑惑を断固否定するコメントをTwitterに投稿していたが、弁護士の助言によるものか、後に全て削除されていたことが分かっている。エドはそこで“このような女性は知りません。僕はどの女性に対しても性的な無理強いなどしません。強姦など決してあり得ません”などとつぶやいていたという。
(TechinsightJapan編集部Joy横手)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.