くらし情報『コリー・フェルドマン 「刺された」傷を公開するも同情の声少なく』

2018年4月1日 13:12

コリー・フェルドマン 「刺された」傷を公開するも同情の声少なく

コリー・フェルドマン「腹部を知らない奴に刺された」


映画『グーニーズ』『スタンド・バイ・ミー』などで人気を博した俳優コリー・フェルドマン(46)が、このほどインスタグラムを更新。小さな穴のように見える傷の写真をアップし「見知らぬ人間に襲われた際にできた刺し傷」であるとファンに報告した。だが、ファンからは「ニキビじゃないの?」「全然信用できない」という厳しいコメントが数多く書き込まれてしまった。

このほどコリー・フェルドマンがインスタグラムに「刺し傷」の写真を公開。そこにこう綴った。

「世界で最少のナイフの傷…それとも?!?!そうなんだ、俺は2日前に襲われた。あいつらは鋭い武器を使って、それを俺の身体に刺したんだ!」
「今、傷はこんな感じだ。もしナイフを使われたんだとしたら、明らかに(この程度で済んで)俺はラッキーだったし恵まれているな。もし注射器を奴らが使用したのなら、悪い検査結果が出ないよう祈るつもりさ!神のご加護がありますように!!」

コリーは「長く尖ったモノで襲われた」と主張しているものの、傷は深くなかったのか病院へは自分で車を運転して行ったという。この傷を見たファンからは「ソバカスじゃないの?」といった“茶番”を疑うコメントがズラリ。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.