くらし情報『チャールズ皇太子に新事実か ダイアナ妃の訃報に受けたショック、カミラ夫人との結婚、息子夫婦に対する複雑な感情まで』

チャールズ皇太子に新事実か ダイアナ妃の訃報に受けたショック、カミラ夫人との結婚、息子夫婦に対する複雑な感情まで

2018年4月2日 18:28
 

チャールズ皇太子、カミラ夫人との結婚でひどく傷ついたことも?(画像は『Clarence House2017年4月18日付Instagram「The Prince of Wales and The Duchess of Cornwall have accepted an invitation from the Government of Canada to undertake a Royal visit from 29th June to 1st July 2017(PA)」』のスクリーンショット)


若く美しいダイアナ妃を妻に持ちながら、ダイアナ妃との結婚前から男女の仲だったカミラ夫人との関係を断つことはできなかったチャールズ皇太子。その皇太子に関する新著『Rebel Prince: The Power, Passion and Defiance of Prince Charles』(Tom Bower著)に、これまで知られることのなかった“真実”がいくつも綴られていることが分かった。この著書は王室側が正式に認めた伝記というわけではなく、皇太子側の情報筋からは「作り話」という反論もあがっているが、高い関心を集めているその内容をいくつかご紹介したい。これらは真実なのか、それとも全てが想像に基づくフィクションなのか…。

■英エリザベス女王が抱いた嫌悪感
チャールズ皇太子とカミラ夫人の公邸として使われている英王室の邸宅「クラレンス・ハウス」だが、エリザベス女王の母が暮らしていた場所だったこともあり、女王は2人が同邸宅に引っ越すことを当初は禁じたという。
「(ダイアナ妃と別れた)チャールズ皇太子が、当時92歳だった祖母(エリザベス女王の母)の邸宅でカミラ夫人と暮らす―これは不愉快極まりないことだとエリザベス女王は思ったのです。そのため、チャールズ皇太子にはセント・ジェームズ宮殿(最も古い宮殿の一つ)に住まわせたのです。ここは寒いうえに、わびしい場所なのです。」

■ダイアナ妃の急逝による衝撃
ダイアナ妃がフランスで事故死し、現地で亡骸を見て涙を流すしかなかったとされるチャールズ皇太子。そんな皇太子の当時の様子はこのように記されている。
「チャールズ皇太子は、繰り返しこう言っていたのです。『みんながこの私を責める。そうだろう?世界中が大騒ぎになる』と。」
「(しかし)チャールズ皇太子は罪悪感ゆえに、思考が麻痺したような状態になっていたのです。」

■エリザベス女王がカミラ夫人との結婚に立ち会わず、ひどく傷ついたチャールズ皇太子
カミラ夫人にも家庭があったため、いわゆるダブル不倫をしていたチャールズ皇太子。その後ダイアナ妃との離婚、妃の事故死を経て2005年にカミラ夫人と結婚したが、そのセレモニーにチャールズ皇太子の両親であるエディンバラ公フィリップ王配、そしてエリザベス女王が姿を現さなかったことに、皇太子は大きなショックを受けたのだとか。その後の披露宴はウィンザー城で開催したという女王らだが、この日のチャールズ皇太子は慰めようもないほど悲しんだという。

■息子であるウィリアム王子とその妻キャサリン妃に対する複雑な思い
同著によるとチャールズ皇太子は「息子とキャサリンが新たなスターになった」と考えたというが、妻カミラ夫人は注目が自分ではなくキャサリン妃に集まろうが、気にもしなかったとのこと。また「キャサリン妃が一般人として初の女王になるのでは?」との憶測が広まった際も、「それは(キャサリンではなく)私よ」と笑い飛ばしたという。

この本の内容が信用に値するものか否かは不明だが、エリザベス女王夫妻らが息子のダブル不倫などを良く思っていなかったこと、またダイアナ妃の急死によってチャールズ皇太子が大きなショックを受けたことだけは間違いないだろう。

画像は『Clarence House2017年4月18日付Instagram「The Prince of Wales and The Duchess of Cornwall have accepted an invitation from the Government of Canada to undertake a Royal visit from 29th June to 1st July 2017(PA)」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部ケイ小原)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.