くらし情報『酸攻撃に遭い約40回の手術を乗り越えた元モデル、事件から10年経った心境を吐露』

酸攻撃に遭い約40回の手術を乗り越えた元モデル、事件から10年経った心境を吐露

2018年4月2日 05:00
 

関連リンク

・20代で会社を辞めた理由。フリーアナウンサー田中みな実の挑戦
・『アベンジャーズ』吹替声優陣にも箝口令「自分のところ以外はわからない」
・理由にナットク! 横澤夏子が気になる“アレを配る”いい女
苦難を乗り越えたケイティ・パイパー、母にもなったが…(画像は『K A T I E P I P E R2018年3月10日付Instagram「No work for me today means skin to skin at 4pm in bed!」』のスクリーンショット)


美しい容姿で生まれ、成長してからは美貌を生かしモデル業にも挑戦するなど“エンタメ業界での飛躍”を期待されていたケイティ・パイパー(34)。しかし交際相手を間違えたがために逆恨みされたケイティは、第三者により顔面に酸をぶちまけられ一瞬で美貌を失ってしまった。その後ケイティは40回もの手術を乗り越え、公の場に出るまでに回復。そんな彼女がファンに伝えたいこと、そして恐れていることとは…。

20代の頃、ケイティ・パイパーはSNSで出会った男と交際を始め良い雰囲気に。しかし男は次第に凶暴さをむき出しにし、ついにはホテル客室内でケイティに性的暴行を働いたのだ。8時間後にホテルを出て病院で治療を受けたケイティは、後日男の要求に応じてインターネットカフェに向かった。そこで「ケイティを襲え」と依頼されたとみられる見知らぬ人物に酸をぶちまけられ、美貌を一瞬にして失った。

あれから10年。現在のケイティは結婚し2児の母にもなっているが、この事件は今も彼女の心と身体に大きな傷を残したままだ。このほどケイティはインスタグラムを更新し、こう綴っている。

「(あの事件が起きたのは)10年前の今日だった。いろんな人にこう言われたのよ。『たとえどんなことが起きても、命さえ無事ならその困難ゆえにより強くなれる』ってね。だけど、当時の私にそれは信じがたかった。」
「でも今は、鏡を見てこう思うの。何より乗り越えがたかったことが、今では私の強さになっているんだって。傷は一生消えないかもしれない。でも(外見が良いだけではない)今の自分になれたのよ。」
「(だから相手から)パワーを奪い返してやればいい。そして最高な人生を送るの…。誰にも自分をコントロールさせちゃダメ。口封じもさせてはダメよ。#酸攻撃#サバイバー#10年#火傷#傷#回復#自信が秘訣#事態は好転するものよ。」

美しくシミやアザひとつなかった彼女にとって、顔面を酸で溶かされる出来事はどれほど恐ろしかったことか。この攻撃によりケイティは片目の視力を失ったほか、初期の手術では顔の皮膚を全てはがし代用となるものを移植、「ケロイドが酷い肌をどうにかしたい」と海外にも渡って治療を受けたそうだ。

ちなみに犯人(交際していた男と実行犯)は逮捕されて服役中だが、実行犯は近く釈放される可能性もあり、ケイティは非常に怖い思いをしているという。また元交際相手は終身刑を言い渡されているが、彼女の人生を狂わせた彼の罪がどれほど大きいことか。仮に男が罪の重さを思い知り更生したとしても、ケイティの顔はもう決して元には戻らない。

画像は『K A T I E P I P E R2018年3月10日付Instagram「No work for me today means skin to skin at 4pm in bed!」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部ケイ小原)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.