くらし情報『酸攻撃に遭い約40回の手術を乗り越えた元モデル、事件から10年経った心境を吐露』

酸攻撃に遭い約40回の手術を乗り越えた元モデル、事件から10年経った心境を吐露

2018年4月2日 05:00
 

苦難を乗り越えたケイティ・パイパー、母にもなったが…(画像は『K A T I E P I P E R2018年3月10日付Instagram「No work for me today means skin to skin at 4pm in bed!」』のスクリーンショット)


美しい容姿で生まれ、成長してからは美貌を生かしモデル業にも挑戦するなど“エンタメ業界での飛躍”を期待されていたケイティ・パイパー(34)。しかし交際相手を間違えたがために逆恨みされたケイティは、第三者により顔面に酸をぶちまけられ一瞬で美貌を失ってしまった。その後ケイティは40回もの手術を乗り越え、公の場に出るまでに回復。そんな彼女がファンに伝えたいこと、そして恐れていることとは…。

20代の頃、ケイティ・パイパーはSNSで出会った男と交際を始め良い雰囲気に。しかし男は次第に凶暴さをむき出しにし、ついにはホテル客室内でケイティに性的暴行を働いたのだ。8時間後にホテルを出て病院で治療を受けたケイティは、後日男の要求に応じてインターネットカフェに向かった。そこで「ケイティを襲え」と依頼されたとみられる見知らぬ人物に酸をぶちまけられ、美貌を一瞬にして失った。

あれから10年。現在のケイティは結婚し2児の母にもなっているが、この事件は今も彼女の心と身体に大きな傷を残したままだ。このほどケイティはインスタグラムを更新し、こう綴っている。

「(あの事件が起きたのは)10年前の今日だった。いろんな人にこう言われたのよ。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.