くらし情報『NMB48市川美織 “卒業コンサート大阪公演”終え「今はもうやりきった!!」』

NMB48市川美織 “卒業コンサート大阪公演”終え「今はもうやりきった!!」

2018年4月4日 12:30
 

関連リンク

・「恵比寿ガーデンプレイス、1時」のセリフに歓喜…「花のち晴れ」2話
・マリウス葉、キャンパスで着るスウェットの「お値段」に周囲の学生ら驚愕
・チャットモンチーのラジオ番組が復活 -かつての名物コーナーも
卒業コンサート大阪公演を終えた市川美織(画像は『市川美織2018年4月3日Instagram「卒業コンサート大阪公演終わったよ」』のスクリーンショット)


NMB48市川美織が4月3日に大阪・オリックス劇場で卒業コンサート『今が旬!難波育ちフレッシュ檸檬、出荷します』を開催した。公演を終えた彼女は『市川美織miori_ichikawa Instagram』に「今はもうやりきった!!楽しかったって気持ちでいっぱいです!!ありがとうございました」と心境を綴った。

彼女は『市川美織(miorin_lemon212)ツイッター』でも「NMB48での楽しい思い出が増えました」「AKBとNMBを振り返る好きな曲をいっぱい選ばせてもらいましたそしたら全曲出演になってました皆様に感謝です幸せ」とツイートしている。

卒業コンサートでは『AKB48チームK 6th Stage「RESET」』公演のオープニング曲でAKB48の2枚目アルバム『1830m』(2012年8月)に収録された『檸檬の年頃』をソロで披露してスタート、同曲オリジナルには「檸檬」とタイトルにありながら彼女は参加しておらず、念願を果たしたようだ。

さらに『渚のCHERRY』、『永遠より続くように』(OKL48)といったAKB48時代に思い出のある曲から始まり、NMB48ナンバーの数々が続く。『サササ サイコー!』では1期生の沖田彩華川上礼奈白間美瑠山本彩吉田朱里が当時の衣装で市川とパフォーマンスした。

そんななか市川の希望により山本彩がギターを弾いて『抱きしめちゃいけない』のコラボが実現した。同曲はAKB48前田敦子がセンターを務めたシングル『フライングゲット』のカップリングでアンダーガールズが歌ったものだ。アンダーガールズでNMB48山本彩AKB48市川美織も参加しており2人が初めて共演した楽曲である。

AKB48からNMB48に移籍して「レモンちゃん」キャラで活躍を続けた市川美織ならではの選曲だろう。それを歌い切った彼女が「今はもうやりきった!!」というのも大げさではないことが分かる。

ステージに立った1期生の吉田朱里は、SNSで「みおりんらしさ、NMB48らしさが詰まったみおりんが考えてくれた愛に溢れた素敵なセットリスト」「卒業はやっぱり寂しいけどみおりんが大好きでいてくれたNMB48をこれからも守り続けていきたいと思います」という。

『抱きしめちゃいけない』をコラボした山本彩は「みおりんそのものの様な明るくて楽しいLIVEで卒業という寂しさを感じなかった。みおりんのおかげだありがとう」とツイートした。

4月16日には、埼玉・大宮ソニックシティで卒業コンサートを行う市川美織。大阪とはまた違った、地元ならではの演出と盛り上がりが期待できそうだ。

画像は『市川美織2018年4月3日Instagram「卒業コンサート大阪公演終わったよ」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部真紀和泉)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.