くらし情報『パリス・ジャクソン、激動の思春期を経て20歳に』

パリス・ジャクソン、激動の思春期を経て20歳に

2018年4月4日 20:00
 

パリスが20歳に(画像は『Paris-Michael K. Jackalope2018年3月31日付Instagram「feelin peachy」』のスクリーンショット)


マイケル・ジャクソンが元妻デビー・ロウともうけた娘パリス・ジャクソンが、4月3日に20歳の誕生日を迎えた。最愛の父の死、募る死への憧れゆえにやめられなかった自傷、そして15歳にして起こした自殺未遂―そんな多感で複雑だった思春期を経たパリスは、どのような思いを胸に日々を生きているのか。

白い肌に、黒人とは程遠い髪色をしたパリス・ジャクソン。それでも父マイケル・ジャクソンの「お前はパパと同じ黒人」という言葉を信じ、敬愛していた父が誰よりも輝いたショービズの世界に飛び込んだ。現在はモデルとして、女優としても大ブレイクしそうな勢いをみせている。

そのパリスも、ついに20歳になった。最近ではカーラ・デルヴィーニュとキスと撮られるなど、まさに“青春真っ只中”である。そんなパリスの仕事への思い、支えてくれた兄への愛、将来の目標に関する言葉をまとめてご紹介したい。

■演技への思い
「(ドラマ出演が決まったけれど)私の演技力を世に示す良い術だと思っているわ。」

■兄への愛
「大好きな兄のためなら何だってできる。そう、何度でもね。それでも示せないほど、兄が大好きよ。」
「これまで、兄のことを尊敬してきたの。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.