くらし情報『前田敦子『のみとり侍』完成披露試写会で鮮やかな振袖姿 蜷川実花への「ラブコール」で実現』

前田敦子『のみとり侍』完成披露試写会で鮮やかな振袖姿 蜷川実花への「ラブコール」で実現

2018年4月4日 21:10
 

前田敦子の振袖姿(画像は『前田敦子2017年4月2日付Instagram「本日の衣装は、、」』のスクリーンショット)


映画『のみとり侍』の完成披露試写会が4月2日に東京国際フォーラムで開催され、主演の阿部寛をはじめ共演者の寺島しのぶ豊川悦司斎藤工風間杜夫大竹しのぶ前田敦子松重豊鶴橋康夫監督が登壇した。キャスト陣は全員和装で登場するなか、前田敦子も鮮やかなデザインの振袖姿を披露した。

彼女が『前田敦子 atsuko_maeda_official Instagram』にて「本日の衣装は、、」と振袖を着るまでの経緯を明かしている。

2017年5月、蜷川実花ディレクションにより振袖の一蔵が販売した『mika ninagawa × 一蔵』から選んだもので、前田は「お着物を着れるなら実花さんのを絶対に着たいと。私のラブコールに答えてくださった、一蔵さん実花さんありがとうございました」という。

蜷川実花もインスタで「前田あっちゃんが、私のお着物着てくれました似合うー!可愛い!!」と動画を公開したところ、「わーありがとうございました素敵過ぎて物凄く悩みました!!」と前田が返信している。

実はHKT48AKB48兼任)の宮脇咲良が『mika ninagawa × 一蔵』のモデルを務めており、彼女は以前から前田の舞台を観劇して楽屋を訪れるなど仲が良い。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.