くらし情報『『ワイルド・スピード』ドウェイン・ジョンソン、ヴィン・ディーゼルとの“確執の背景”明かす』

2018年4月5日 16:21

『ワイルド・スピード』ドウェイン・ジョンソン、ヴィン・ディーゼルとの“確執の背景”明かす

ドウェイン・ジョンソン「ヴィンとは話し合った」(画像は『therock2018年4月5日付Instagram「In honor of tonight’s biggest Hollywood premiere I’ve ever had(some 5,000 strong attending here in LA)I had to break out the chains for this #RAMPAGE kinda workout.」』のスクリーンショット)


映画『ワイルド・スピード』シリーズの人気俳優ヴィン・ディーゼルと同じく人気者のドウェイン・ジョンソン。2人は必ずしも仲が良かった、もしくは良いわけではないようだ。

『ワイルド・スピード』シリーズでルーク・ホブスを演じ高く評価されていたドウェイン・ジョンソン。彼は2016年、同シリーズの共演者達についてインスタグラムにこのように綴っていた。

「『ワイルド・スピード』8作目の撮影最終週だ。」
「クルーは勤勉で素晴らしい。ユニバーサルも素晴らしいパートナーだ。女性共演者達は常にアメイジングだし、俺は彼女達を愛しているぜ。」
「だけど男性キャストは違う。一部は良い奴らで、うまく立ち回る真のプロだ。しかし他の奴らはそうじゃない。臆病で何もできない奴らさ。」

その後『NYポスト/Page Six』は、ヴィン・ディーゼルについて以下のような“悪評”があがったことを伝えていた。

「ヴィンが難しい男だということは、みんな知っていますよ。」
「遅刻して、みんなを待たせたり。そのせいで制作が中断したこともあります。」
「それに、ヴィンはセットで共演者に対して失礼な態度をとったりするわけです。それでドウェインの堪忍袋の緒が切れた…そういうわけです。」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.