くらし情報『元祖『ビバヒル』シャナン・ドハーティー がん再発の噂に言及』

元祖『ビバヒル』シャナン・ドハーティー がん再発の噂に言及

2018年4月9日 10:41
 

関連リンク

・Eテレ『Rの法則』公式ツイッター、全投稿を削除 TOKIO山口の送検受け放送中止
・ジャニーズが二宮和也に課した過酷な「ブラックペアン」視聴率
・超特急にとってのラスボスは「ももクロ」 アベンジャーズ声優・百田をうらやむ
シャナン「PET検査の結果は問題なし!」(画像は『ShannenDoherty2018年1月29日付Instagram「Good morning. It wasn’t that long ago that I wondered if I would ever get to go back to doing what I love.」』のスクリーンショット)


元祖『ビバリーヒルズ高校白書』に出演し、日本でも大人気となった女優シャナン・ドハーティー(46)。彼女は乳がんを患い、これまでインスタグラムに治療の様子を公開してきた。髪や眉も全て失った姿や化学療法で苦しむ姿、それでも前向きな姿や医療関係者とのショットなどを投稿し、がん患者とその家族や関係者に勇気を与えていた。

そんなシャナン・ドハーティーが少し前に「腫瘍マーカー検査を受けた」とインスタグラムで報告し、一部のファンやメディアの間で「がん再発か」と話題になった。それを受けシャナンは動画を投稿、自らこのように語っている。

「今朝、担当医と話したの。PET検査(がん検査のひとつ)の結果は、全て問題なしだったわ。だから、私はまだ寛解期にあるということよ。」

また腫瘍マーカー検査の結果に少しばかりの変化が生じることは、乳がん患者の検査結果に限ったことではないとも説明。「これは様々な要素に影響を受けるものなの」とコメントした。さらにメディアや出版社に向けて「『私のがんが再発した』という報道は止めてほしい。多くの友人ががんと闘っているのだから」とメッセージを送り、キャプションにもこう綴った。

「ある程度の心配はずっと尽きない生活になること、それは私も想像している。がんは獣のような病気だもの。でも私にとっては、病気を経験して多くの素晴らしい変化もあったわ。その一方で不安な気持ちは増したけれどね。」
「みなさんとつながるべく、そして多くの人に病気につき知ってもらうべく、そしてがん患者の皆さんにポジティブな気持ちを持ってもらうべく、私自身の経験をシェアするわ。多くのみなさんが、言葉、祈り、そして応援により私を救ってくださったから。」

そしてシャナンは、「ずっと感謝の気持ちを忘れません」「皆さんのことも、同様にサポートできたことを願っています」と言葉を添えている。

苦しい治療に必死に耐える自分を撮影し、インスタグラムに公開し続けたシャナン。そして前向きに治療を受けた彼女が「寛解」という時期を迎え再び元気に暮らしていることは、どんなに多くの人が励まされていることだろう。乳房切除の決断も大変な勇気が要ったであろうが、シャナンは乳がん発覚後に担当となった医師団を信頼し「この私を妻、または娘だと思ってください」「そして私の命を救うべく、最善の決断をしてほしい」と依頼したうえで治療を受け、それが彼女を「寛解」という状態まで導いたことも付け加えておきたい。画像は『ShannenDoherty2018年1月29日付Instagram「Good morning. It wasn’t that long ago that I wondered if I would ever get to go back to doing what I love.」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部ケイ小原)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.