くらし情報『長澤まさみ vs ゲスト 『コンフィデンスマンJP』で“立場”をいかに演じ切るかが見どころ』

長澤まさみ vs ゲスト 『コンフィデンスマンJP』で“立場”をいかに演じ切るかが見どころ

2018年4月10日 19:06
 

関連リンク

・バレーボール男子日本代表「監督代行作戦」の不安要素
・岡田将生・吉沢亮・山田裕貴・清原翔が朝ドラ初出演 広瀬すずヒロイン「なつぞら」もイケメン揃い
・篠崎愛、ニコ生スタジオライブで圧巻の生歌を披露
役柄でCAに扮した長澤まさみ(画像は『【公式】コンフィデンスマンJP2018年4月6日付Instagram「01ゴッドファーザー編」』のスクリーンショット)


フジテレビ系で4月9日よりスタートした月9ドラマ『コンフィデンスマンJP』は長澤まさみ演じる主人公・コンフィデンスウーマン(信用詐欺師)のダー子が、超一流の変装技術を持つ詐欺師・リチャード(小日向文世)、ダー子やリチャードに振り回される若者詐欺師・ボクちゃん(東出昌大)と協力して、悪徳企業のドンやマフィアのボスといった“真のワル”から金を騙し取って善良な人々に還元する「現代版ねずみ小僧」のような物語だ。

第1話「ゴッドファーザー編」では、ゲストの江口洋介が公益財団「あかぼし」の会長で経済ヤクザという裏の顔と持つ赤星栄介を熱演した。ダー子たちがあの手この手で赤星に信用されようと挑むが最後まで彼の心を開くことは出来ず、逆にその心理を利用して大逆転する。

このドラマを楽しむには、ダー子・リチャード・ボクちゃんはあくまで「信用詐欺師」ということを忘れてはならない。特に長澤まさみは「詐欺師」であるダー子がいかにしてターゲットの「悪役」を騙そうとするかを強調して演じており、「二重の演技」を絶妙にこなす。その感覚が抜けてしまえば「演技が下手」に見えて笑えないだろう。

対してゲストは「悪役」そのものを演じることとなるが、ドラマのカラーから「信用詐欺師」たちの心が折れそうになるほど強烈な存在感を出さねばならない。江口洋介は迫力の演技でそれを見せつけた上に、ラストでは文字通り地に堕ちて情けない姿によるギャップですっきりさせてくれた。

そうした、長澤まさみたち「信用詐欺師」とゲストによる「悪役」というそれぞれの“立場”をどう演じるかが大きな見どころと言える。

第2話では冷徹なリゾート会社社長・桜田しず子役で吉瀬美智子がゲスト出演する。長澤まさみとの“女優”対決が楽しみだ。

画像は『【公式】コンフィデンスマンJP2018年4月6日付Instagram「01ゴッドファーザー編」、2018年3月12日付Instagram「#コンフィデンスマンJP #悪徳公益財団「あかぼし」会長」「#コンフィデンスマンJP #リゾート王」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部真紀和泉)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.