くらし情報『田中道子『西郷どん』ラスト出演に惜しむ声「おタマさんに会えなくなるのが、寂しい」』

田中道子『西郷どん』ラスト出演に惜しむ声「おタマさんに会えなくなるのが、寂しい」

2018年4月10日 20:01
 

関連リンク

・有働アナ、マツコ&くりぃむらの芸能事務所入り「当初は1人で…」
・吉沢亮、魅力的に見える女性は「年上のお姉さん。変な意味じゃないですよ!(笑)」
・大手芸能事務所「オスカー」社員大量退社の伏線
田中道子と北村有起哉(画像は『田中道子2018年4月5日付Instagram「1週間が早すぎる!」』のスクリーンショット)


NHK大河ドラマ『西郷どん』で第9回「江戸のヒー様」から品川宿の磯田屋で飯盛女・タマ役を演じた田中道子が、4月8日の放送で出番を終えた。彼女が5日、『田中道子michikotanaka_official Instagram』にて「今週日曜#西郷どんでは江戸編が終わりますので、私の出演も最後になります」と明かしている。

8日にオンエアされた第13回「変わらない友」では主人公・西郷吉之助鈴木亮平)と幼馴染の大山格之助(北村有起哉)が磯田屋を訪れ、ふき(高梨臨)やタマに江戸から薩摩に戻ることを告げる場面があった。それが磯田屋でのラストシーンとなるようだ。

フォロワーからは「毎週楽しみに観てましたよー次回で最後なんですね。残念ですー」「おタマさんに会えなくなるのが、寂しいです…」と惜しむ声が寄せられている。

4月7日に福岡エリアで放送された地域情報番組『土曜の夜は!おとななテレビ』(TVQ九州放送)には、“西郷どんを大研究”の企画で「大河女優が緊急参戦」と田中道子が鹿児島ロケのVTRで出演した。

彼女は「ずっと来たかった」という鹿児島市加治屋町にある『西郷どん 大河ドラマ館』を訪れて、西郷吉之助役となる鈴木亮平のパネルを前に共演した印象を語る。

2016年にモデルから女優へ転身した田中道子大河ドラマという大仕事を前に、「すごく緊張して、3日間くらい寝付けなくて撮影現場に入った」という。鈴木は初対面の彼女にも気さくに「タマどん!」と声を掛けてくれたので「緊張がほぐれた」そうだ。パネルの鈴木に向けて「ありがとうございます!」「いい男ですね、本当に!」と呼びかける田中だった。

彼女もせっかく「大河女優」と呼ばれそのようなエピソードまでできたのに残念だろう。ファンからは「しっかり拝見しました!次のドラマのお知らせも待っています!」という声もあり、さらなる活躍に期待したい。

画像は『田中道子2018年4月5日付Instagram「1週間が早すぎる!」、2018年3月4日付Instagram「本日20時から#大河ドラマ#西郷どん 9話から、タマ役として出演します」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部真紀和泉)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.