くらし情報『ジョージ・クルーニー夫妻の双子、生後10か月で「パパ」「ママ」と言えるように』

ジョージ・クルーニー夫妻の双子、生後10か月で「パパ」「ママ」と言えるように

2018年4月11日 16:01
 

関連リンク

・知念里奈、産後の復帰予定を報告「人生の大切な節目に、いつも」と感謝
・【沖縄国際映画祭】ゆりやん、ボケるヒントン・バトルにツッコミ「悪いこと言ってない」
・神田うの、43歳サプライズ誕生会に感激し号泣 夫とラブラブキスショットも公開
クルーニー夫妻の赤ちゃん、親に似て超賢い?


人気俳優ジョージ・クルーニー(56)の美人弁護士妻アマル・クルーニーさん(40)がこのほど人気誌の取材に応じ、昨年出産した双子の素晴らしい成長ぶりを語り目を細めた。1歳にもなっていない双子は、すでに言葉を発するようになっているそうだ。

一度の離婚を経て家族にも「もう結婚はしないでしょう」などと言われていたジョージ・クルーニーの人生は、美人弁護士アマルさんとの出会いにより一転。「この人しかいない」と確信したジョージがプロポーズし、2014年にはアマルさんの夫になり、昨年には双子の誕生によりパパデビューを果たした。

そんなジョージを虜にしたアマルさんがこのほど『VOGUE』誌に登場、インタビューで双子の成長ぶりについてこう明かした。

「もう何度か言葉を発したんですよ。ママ、ダダ(パパを意味する幼児語)なんて言葉をね。」

生後約10か月にして早くも言葉を何度も発しているという夫妻の赤ちゃんだが、『parents.com』によると「こういう言葉が出始める平均的な時期は1歳の誕生日を迎える頃」とのこと。よって夫妻の赤ちゃんは「高校時代の成績は全教科AまたはBだった」と明かしているジョージ、そして大変優秀なママに似て、平均的な赤ちゃんよりも頭の回転が速いのかもしれない。

なお同サイトによると、「赤ちゃんの語彙を増やしてあげたい!」と望むパパやママは、以下のような方法で学ぶ手助けをしてあげるのが望ましいという。

■会話をする際、赤ちゃんにもしっかり言葉をかける。
■何かを言った後、一瞬でも「間をおいてあげる」のが大事とのこと。そうすることで赤ちゃんは言葉を聞き流すだけでなく、「これはこう呼ばれるもの」と理解する時間を確保できる。
■トーンなどに変化をつけて話しかけると、赤ちゃんは真似をしようと声を出して新たな単語を学ぼうとする。
■たとえば赤ちゃんが誤った語を発しながら「ボトル」を探していたら、何が欲しいのか察し「ああ、ボトルを探しているのね。ボトルはどこに行ったのかしらね?」と言いながら、正しい言葉を教えてあげる。

ちなみにパパデビューから間もなく1年のジョージは、「頭脳では妻には叶わない」と確信。賢く聡明な妻と話すたびに「俺は頭が悪いな…」と“なんとも言えぬ劣等感”を抱くとして、2年前には『New York Daily News』の取材に応じてこう話していた。「自分の妻と話していると、よく“俺ってまぬけだよな”って気になる。これは良くないね。」

しかしジョージ本人のみならずアマルさんも非常に優秀で、しかも大変な子煩悩。多くのセレブキッズの愛くるしさ、高級ファッションやショービズデビューなどが連日のように話題になっているが、クルーニー夫妻の子ども達はずば抜けた成績で世間を騒がせる「スーパーキッズ」に成長するかもしれない。
(TechinsightJapan編集部ケイ小原)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.