くらし情報『中川翔子、新ドラマ『デイジー・ラック』で極貧カバン職人役 迫真の演技に期待』

中川翔子、新ドラマ『デイジー・ラック』で極貧カバン職人役 迫真の演技に期待

2018年4月11日 14:25
 

中川翔子とドラマプロデューサー(画像は『中川翔子[Staff]2018年4月10日付Twitter「NHK金曜ドラマ10「デイジーラック」、4月20日(金)の夜10時より第1話が放送です!」』のスクリーンショット)


NHK総合のドラマ10『デイジー・ラック』(4月20日スタート)の会見が4月9日に行われた。中川翔子のスタッフが更新するインスタでは、取材会に出席した主演の佐々木希をはじめメインキャストの夏菜、徳永えり中川翔子の姿を公開している。

「みんな仲良し!」というように、4人並ぶと撮影現場も華やぐことだろう。ただドラマの展開は、和んでばかりもいられそうにない。

『逃げるは恥だが役に立つ』で知られる原作者・海野つなみ氏は『デイジー・ラック』の実写ドラマ化に向けて「結婚や出産で人生が変わることが多い20~30代というのは、女性は特に大きな転機だったりします。このドラマが、そんな皆さんへのエールになればいいなと思います」とコメントしている。

物語は子どもの頃に「ひなぎく会」という名前をつけて集まっていた幼なじみの4人が、久々に再会する。だが、30歳目前の彼女たちはそれぞれに事情を抱えていた。そんなアラサー女性たちが恋や仕事、生きることにもがきながら成長する姿を描いていく。

佐々木希演じる楓は仕事や恋人も失い、子どもの頃から夢見たパン職人になろうとする。彼女を取り巻く幼なじみは、高級エステサロンの仕事に邁進する薫役を夏菜、極貧のカバン職人・ミチル役を中川翔子、新婚のえみ役を徳永えりが務める。

中川翔子[Staff](shoko_nkgw)ツイッター』では、中川が本作を担当する芳川プロデューサーと並ぶ姿とともに「撮影は皆んなでワイワイ楽しく進行中!」「どんな展開になるのか楽しみです!!」とツイートしており、期待が高まる。

中川翔子と言えば波瑠が主演したTBS系ドラマ『あなたのことはそれほど』(2017年)でマンションに住む主婦・横山皆美役を務め、狂気さえ感じさせる迫真の演技が話題となった。それだけに今回の極貧カバン職人・ミチル役をどのように演じるか楽しみだ。

画像は『中川翔子[Staff]2018年4月10日付Twitter「NHK金曜ドラマ10「デイジーラック」、4月20日(金)の夜10時より第1話が放送です!」』『中川翔子2018年4月9日付Instagram「NHKドラマ「デイジーラック」の取材会でした♪」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部真紀和泉)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.