くらし情報『歌姫シャナイア・トゥエイン「ライム病」の闘病を告白』

歌姫シャナイア・トゥエイン「ライム病」の闘病を告白

2018年4月13日 17:31
 

ライム病との闘病を告白したシャナイア・トゥエイン(画像は『Shania Twain2018年3月17日付Instagram「Thank you to @cmcaustralia for the Highest Selling International Album of The Year ARIA.」』のスクリーンショット)


2015年春、ライム病に罹患し「死を覚悟したほど」と公表してファンを驚かせた歌姫アヴリル・ラヴィーン。これは“極めて珍しい”病気ではない。数年前には故ヒュー・ヘフナーの若い未亡人がこの病を告白。そしてカントリー界で絶大な人気を誇ってきた歌姫シャナイア・トゥエインもこの病に倒れていたようだ。

現在52歳の歌姫シャナイア・トゥエイン。1997年の『カム・オン・オーヴァー』の爆発的ヒットで知られ、グラミー賞の受賞はなんと5回。北米で最高の人気を誇る女性シンガーのひとりで、昨年9月には15年ぶりのアルバム『Now(ナウ)』を発表していた。再び勢いに乗りたいシャナイアは来月からそのプロモーションをかねた北米ツアーに臨むが、『E!News』との独占インタビューでは「ライム病」との闘いについても触れたようだ。

「ライム病は人生に確実に大きな影響を与えるわ。しかも誰もがかかる危険がある病気よ。本当に静かにジワジワと邪悪なやり方で、実に多彩な症状が出てくる病気。私も体に甚大なダメージを負ったわ。それでも早く診断がついた私は幸運だったし、変性疾患に悩まされずに済んでいることだけは感謝しているの。まぁ、これくらいの年齢になると誰もが何らかの病気にかかったりするものなのよね。」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.