くらし情報『みちょぱ“若者言葉”に戸惑い「そもそも卍って地図記号だよねっ」』

みちょぱ“若者言葉”に戸惑い「そもそも卍って地図記号だよねっ」

2018年4月14日 11:00
 

みちょぱ、若者の言葉に「結構前からついていけてない」とも


JK(女子高生)を中心に若者が使う言葉「卍」(まんじ)をバラエティ番組で紹介して広めたのは“にこるん”こと藤田ニコルではないだろうか。彼女の影響で梅沢富美男まで「まじ卍」を使っている。

その藤田ニコル(20)と同年代のモデルで、バラエティ番組でもよく見るようになったのが“みちょぱ”こと池田美優(19)である。どちらも「JK」が使いそうな言葉は得意そうに思われるが、事情は違うようだ。

池田が4月11日に『みちょぱ(池田美優)(michopaaaaa)ツイッター』で「エモいの意味が違うのか??あたしが最近リアルJKに聞いたエモいはなんだったのか…」とつぶやいた。

「エモい」本来の意味を分からずに用いる10代が増えている、という昨今の話題を受けてツイートしたのだろう。

英語の「emotional」‎を語源として「情緒がある」「感動した」など「感情が動いた」時に「エモい」と表現するのが本来の意味だという。音楽のジャンルの一つ「イーモウ(Emo)」がはじまりで1980年代から使われていた。

音楽シーンで「この曲、エモいね」「あのライブ、エモかった」などと用いていたが、最近は10代を中心に「ヤバい」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.