くらし情報『トーニャ・ハーディング、人気ダンス番組出演決まり「やっと世間に受け入れてもらえた」』

トーニャ・ハーディング、人気ダンス番組出演決まり「やっと世間に受け入れてもらえた」

2018年4月15日 20:42
 

パートナーを務めるサーシャ・ファーバーもトーニャを絶賛!(画像は『Good Morning America2018年4月13日付Twitter「#DancingOnGMA: @SashaFarber & Figure Skating Legend Tonya Harding!」』のスクリーンショット)


米時間13日、今月30日から米ABCで放送されるダンス番組『ダンシング・ウィズ・ザ・スターズ:アスリート』の出演者が発表され、元フィギュアスケーターのトーニャ・ハーディング(47)の出演が明らかになった。『グッドモーニング・アメリカ』に生出演したトーニャは放送終了後、人気番組出演への抱負を語っている。

1991年の全米選手権でトリプルアクセルに成功し米国初、世界では伊藤みどりに次ぎ史上2人目の快挙を果たしたトーニャ・ハーディング。苦労の末にやっと栄光をつかんだものの、1994年の「ナンシー・ケリガン襲撃事件」により“世界一悪名高きスケーター”としてフィギュアスケート史に名を残すこととなってしまった。

世界を震撼させたこのスキャンダルによりフィギュアスケート界から永久追放されたトーニャはその後、バンドを組み歌手活動を行ったり、ボクシング界でデビューを果たすも“世紀の嫌われ者”のイメージが払拭されることはなく、姿を現すその先々でブーイングを浴びるなどの冷遇を受け続けてきた。

そして事件からまもなく四半世紀を迎えるなか、米国で昨年公開された映画『アイ、トーニャ 史上最大のスキャンダル』で自身の波瀾万丈な人生が描かれると、トーニャは再びスポットライトを浴び始める。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.