くらし情報『シャーリーズ・セロン、黒人の養子を育てる母として「アメリカでの子育てが怖い」』

2018年4月17日 15:06

シャーリーズ・セロン、黒人の養子を育てる母として「アメリカでの子育てが怖い」

シャーリーズ・セロン「アパルトヘイト時代の南アフリカを思い出す」とも


女優シャーリーズ・セロン(42)は現在、2人の養子(長男6歳・長女2歳)をシングルマザーとしてアメリカで育てている。その彼女は南アフリカ共和国出身で、過去には人種隔離政策(アパルトヘイト)の醜さにずいぶん心を痛めたという。今はアメリカで女優として活動中だが、人種差別や暴力などが連日のように報じられるようになった今のアメリカの現状は、彼女にとってまさに悪夢とのこと。子どもを育てる場所について、今後はアメリカ国外も検討中であることを明かした。

このほどシャーリーズ・セロンが『ELLE』の取材に応じ、人種差別がなくならず銃乱射事件やヘイトクライムなど暴力の絶えぬアメリカの現状を憂い、このように語った。

「(白人ではない)私の子ども達を見ていて、しょっちゅうこう思ってしまう。『このような状態が続いたら、アメリカを去らねばならないかも』って。」
「子ども達が危険を感じるような状態…それが私は一番嫌なことだから。」

シャーリーズの養子は幼く自衛できないこともあり、今のアメリカを揺るがせている暴力事件の数々はなおさら他人事ではないもよう。そして次々に起きる凶悪事件に、彼女は出身国のかつての様子を思い出すという。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.