くらし情報『クロエ・カーダシアンが娘の名前を発表 命名で恋人との関係をほのめかす?』

クロエ・カーダシアンが娘の名前を発表 命名で恋人との関係をほのめかす?

2018年4月17日 10:41
 

関連リンク

・注目女優・今田美桜の「息をのむほどのかわいさ」凝縮 『週プレ』付録に初DVD
・マライア・キャリーの元夫ニック・キャノン「双極性障害を告白した彼女の強さに圧倒される思い」
・中谷美紀、米・NYで年齢確認された 自身プロデュース化粧品効果で「20歳若返った」
クロエ、娘の名前込めた意味とは…?(画像は『Khloé2018年3月11日付Instagram」』のスクリーンショット)


米時間4月12日、恋人トリスタン・トンプソンの浮気スキャンダル真っ只中に第1子の女児を出産したクロエ・カーダシアン。16日に名前を公表し、大きな話題を呼んでいる。

姉であるキム・カーダシアンの子供たちはノースちゃん、セイントくん、シカゴちゃん、2月に第1子を出産した妹のカイリー・ジェンナーの娘の名前はストーミーちゃん。カーダシアン&ジェンナー一家は、姉妹そろって“キラキラネーム”が大好きなことで知られる。

よって「クロエ・カーダシアンは誕生した娘にどんな名前をつけるのか?」は、浮気スキャンダルで世間を騒がせている恋人トリスタン・トンプソンとの今後の関係と同様に注目を集めていた。そんななか16日、クロエがついに沈黙を破り自身のInstagramに以下のようにコメントした。

「私たちは、愛しい女の子“トゥルー・トンプソン(True Thompson)”にすっかり心を奪われてしまっています。愛が溢れて止まりません。天使のようなこの子が私たちのもとに生まれてきてくれたことに、心から感謝の気持ちでいっぱいです。ママもパパも、あなたをとってもとっても愛しているわ、トゥルー!」

娘の名前について、恋人トリスタンのイニシャル「T」、あるいは自身や母親&姉妹のイニシャルである「K」で始まる名前にしようと思っていることを出産前に明かしていたクロエ。今回はトリスタンのイニシャルを取って「True」と名付けたのかと思いきや、この命名にはもう1つ由来があるようだ。カーダシアン家の関係者によれば、“トゥルー”という名前はクロエの母親クリス・ジェンナーの祖父、つまりクロエの曽祖父の名前でもあるという。

なおこのたびの浮気報道でトリスタンは世間から大バッシングを受けているが、一部のメディアによると浮気された側のクロエは「すでにトリスタンを許したようだ」「今はトゥルーちゃんのために、トリスタンと2人で温かい家庭を築いていくことだけに集中しようとしている」などと伝えられている。

不誠実極まりない恋人の行動が公になった後で、「真実」「本物の」などという意味を持つ“True”という名前を選んだクロエ。これは「世間がなんと言おうと、トリスタンの私への愛は本物」「愛し合っていることは真実」といったクロエなりのメッセージにも受け取れる。画像は『Khloé2018年3月11日付Instagram」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部c.emma

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.