くらし情報『RADIO FISH圧巻ツアーレポ “御神体”中田敦彦と藤森慎吾が秘めた思いを語った』

2018年4月17日 16:48

RADIO FISH圧巻ツアーレポ “御神体”中田敦彦と藤森慎吾が秘めた思いを語った

4月5日東京・新宿BLAZEにて行われたRADIO FISH 2017‐2018TOUR“Phalanx”最終公演


全国5都市で開催されたRADIO FISH 2017‐2018TOUR“Phalanx”が4月5日、東京・新宿BLAZEにてファイナルを迎えた。“御神体”こと中田敦彦を中心に息をのむダンスパフォーマンスと伸びのある藤森慎吾の歌声が、集まった観客を虜にした。

結成4年目となるRADIO FISH。芸人でありコメンテーター、司会と活躍の場を広げるオリエンタルラジオとダンスシーンで活躍するメンバーたちが最高のパフォーマンスで観客を魅了した初めての全国ツアー。青、緑、黄色、ピンクのペンライトの光の波の中、推しメンのロゴ入りタオルを掲げるファンたちの様はアイドルのコンサートさながらだ。

中田敦彦が扇を振りかざす『黄金時代』では、今回のファイナルに向け事前にYouTubeにて“合いの手”のレクチャーを行っていたオリラジの2人。それを見て各自練習してきたファンたちはぶっつけ本番でRADIO FISHへのコールと完璧な合いの手で最高の盛り上がりをみせた。

合いの手について「どうなるかなと思ったけど楽しかった」と中田が言えば、藤森慎吾も「最高だった。めちゃくちゃ楽しかった。あれ(合いの手)あるとめちゃくちゃ気持ちいいね」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.