くらし情報『ソフトバンク内川聖一“2000安打”を東京女子流が祝福「応援歌 今も歌わせていただいています」』

2018年5月11日 14:25

ソフトバンク内川聖一“2000安打”を東京女子流が祝福「応援歌 今も歌わせていただいています」

2000安打を達成した内川聖一選手(画像は『福岡ソフトバンクホークス(公式)2018年5月9日付Twitter「内川選手が史上51人目の2,000本安打を達成したことを記念して、さまざまなキャンペーンを実施します!」』のスクリーンショット)


福岡ソフトバンクホークス内川聖一選手が5月9日、メットライフドームで行われた埼玉西武ライオンズ戦で8回にセンター前ヒットを放ち、史上51人目となる通算2000安打を達成した。大記録を前に数試合足踏みしていたが、それだけに喜びもひとしおだろう。

ファンや家族、チームメイトをはじめ多くから祝福されるなか『福岡ソフトバンクホークス(公式)(HAWKS_official)ツイッター』では、米国でリハビリ中のサファテ投手からのコメント映像をRT、人気声優の内田真礼による祝福も紹介している。

そんななかガールズグループ「東京女子流」の新井ひとみが10日、SNSで「内川選手おめでとうございます今でも 内川選手の応援歌 歌わせていただいています」とツイートした。

東京女子流が2010年7月に発売した3枚目シングル『頑張って いつだって 信じてる』は、内川選手が横浜ベイスターズに所属していた時の応援マーチを用いた応援歌なのだ。もともとは1993年に作られた高木豊選手の応援マーチが内川バージョンとなったものである。

新井は「この曲で、少しでも皆さんの背中をひと押しできますように…」と願っていた。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.