くらし情報『宮澤佐江、SNH48で共に頑張った鈴木まりやと久々に再会「ある意味私のHOME」』

宮澤佐江、SNH48で共に頑張った鈴木まりやと久々に再会「ある意味私のHOME」

2018年5月13日 13:30
 

鈴木まりやと宮澤佐江(画像は『宮澤佐江2018年5月12日付Twitter「#舞台HOME 観劇してきました」』のスクリーンショット)


宮澤佐江が舞台『HOME~いつか帰るよ、僕だけのHOME~』を観劇してキャストの鈴木まりやを訪ねた。2人はAKB48グループ時代、2012年11月1日より上海の姉妹グループSNH48に移籍した間柄だ。宮澤は5月12日、SNSで「やんやん久々に会ってもいつも変わらないwある意味私のHOMEww」と鈴木に頬を寄せて仲の良い姿を投稿している。

SNH48を立ち上げる際にメンバーのリーダー的役割を担った2人だが、中国で芸能活動するためのビザが発行されず、2013年1月のお披露目公演に参加できなかったりと苦労が多かった。やがて宮澤はSKE48を兼任して活動に集中、2016年4月1日にAKB48グループを卒業した。鈴木は2016年6月10日にAKB48チームK専任となり、2017年4月30日に卒業公演を行い6月10日にグループでの活動を終えている。

鈴木の他にも舞台『HOME』は、元SKE48酒井萌衣や舞台『TOKYO TRIBE』(2017年)で共演したシンガーソングライター當山みれいなど、宮澤がよく知る出演者が多い。

清水翔太のデビュー曲『HOME』を題材とした同舞台を観た宮澤佐江が「すっごい青春ヒューマンストーリーで思わずウルウル…」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.