くらし情報『リアム・ペイン告白 1D時代は「俺のような人間が…」と葛藤も』

リアム・ペイン告白 1D時代は「俺のような人間が…」と葛藤も

2018年5月16日 18:51
 

自信満々に見えたリアムだが…(画像は『Liam Payne2018年3月3日付Instagram「Proud to pick up the @Global Special Award at #TheGlobalAwards last night!」』のスクリーンショット)


ワン・ダイレクション(1D)」で大ブレイクし、世界中の若い女性達を夢中にさせた各メンバー達。その中でも常に堂々としており「自信タップリ」な様子だったリアム・ペインだが、心の中では劣等感など大きな苦悩を抱えていたという。

まだ24歳でありながら、堂々とした様子からベテランのような雰囲気さえも感じられるリアム・ペイン。しかし彼が一躍トップアイドルになったのは、まだ10代の頃だった。当時は戸惑いもかなり大きかったらしく、「ワン・ダイレクション時代は、死んでしまうんじゃないかと思っていた」とメディアに明かした。

「1Dの頃はマジで死ぬかと思ったよ。(突如有名になって)どうすれば良いのか…(自分の中で)折り合いをつけていくしかなかった。」

14歳でデビューし、ほんの子どもだった彼にとって“世界”はあまりにも大きな舞台だったもよう。そして自分と同じく超人気メンバーになった仲間達とステージに立ち喝采を浴びながらも、リアムは複雑な心境だったという。

「何度か、かなり苦しい気分になったね。バンド活動が始まって、有名になって…アレはマジで死ぬほど怖い経験だった。」

時には「このメンバー達とツアーをする価値は、俺にはない」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.