くらし情報『長さ25mの1コマ漫画がギネスに認定! 『1コマの国のアリス』作者「何もかもが初めての挑戦だった」』

長さ25mの1コマ漫画がギネスに認定! 『1コマの国のアリス』作者「何もかもが初めての挑戦だった」

2018年5月17日 17:52
 

凸ノ高秀氏による「ギネス世界記録 特別描き下ろしイラスト」


スマートフォンでも読みやすく、臨場感もあると好評のタテコミ漫画。凸ノ高秀氏による描き下ろしタテコミ漫画『1コマの国のアリス』のコマ数はたったの1つ。しかしその全長はなんと25m。そんなチャレンジングな同作が、このたび“世界一長い1コマ漫画”としてギネス世界記録(R)に認定された。凸ノ高秀氏は、世界記録を達成した心境や次回作への抱負をインタビューにて語っている。

今年4月19日にギネス世界記録に認定された1コマ全長25mのタテコミ漫画『1コマの国のアリス』。
その内容は、以下の通り。
・記録名「デジタルコミックにおける最長の一コマ漫画」
・正式英語記録名「Longest single panel graphic image in a digital comic」
・記録数値「163,631dp」※dp:density-independent pixel / dip (画面上の表示要素の幅や高さなどを指定する長さの単位の一つ)

作者は自身のツイッター(@totsuno)で、同作について「25mの1コマまんがを描きましたスマホでビックリするくらいスクロールして読んで下さいマジで25mありますプールじゃん……」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.