くらし情報『ミシェル・オバマ元米大統領夫人、大学時代の写真を公開 教育の大切さを訴える』

ミシェル・オバマ元米大統領夫人、大学時代の写真を公開 教育の大切さを訴える

2018年5月24日 17:40
 

若かりし日のミシェル夫人(画像は『Michelle Obama2018年5月23日付Instagram「This is me at Princeton in the early 1980s.」』のスクリーンショット)


元アメリカ大統領バラク・オバマ氏(56)の妻ミシェル夫人(54)はプリンストン大学、さらにはハーバード法科大学院で学位をとった才媛で、ファーストレディ時代にはその知性を生かし存分に活躍した。そのミシェル夫人がこのほどインスタグラムに学生時代の写真をアップし、教育がいかに自分のパワーになるものかについて熱い思いを綴っている。

カメラをまっすぐ見据え微笑んでいる赤いセーターのこの女性は、若き日のミシェル・オバマ夫人である。この写真にミシェル夫人は以下のような言葉を添え、多くの人々をインスパイアした。

「1980年代のはじめの頃、プリンストンにいる私よ。」
「親が大学を卒業していない場合、自分が大学生の立場になることに怖気づくことがあるかもしれない。分かるの、だって私も同じ思いを経験したから。私は黒人で、シカゴの労働者階級が多く住む地域から来た学生だった。でもプリンストン大学の学生は大体が白人で裕福だったの。」
「それまでの私は、人がたくさんいる中で目立つことは決してなかった。教室でもね。肌が黒いからよ。でも親しい友人ができ、メンターもついてくださった。そして自信をもたせてもらったわ。」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.