くらし情報『大杉漣さんの急死から3か月 家族は「一瞬でもいい。会いたいと感じてしまう」』

大杉漣さんの急死から3か月 家族は「一瞬でもいい。会いたいと感じてしまう」

2018年5月24日 18:10
 

長男の隼平氏が思いを吐露(画像は『大杉隼平2018年5月21日付Instagram「父・大杉漣が旅立ち3ヶ月。」』のスクリーンショット)


日本を代表する名優、大杉漣さんの急死から3か月が経った。今もなお、突然の別れを惜しむ声が途絶えることはないが、大杉さんの家族にとってもこの3か月はその存在の大きさを改めて感じる日々だったという。大杉さんの長男でフォトグラファーの大杉隼平氏が、自身のInstagramでその胸のうちを明かした。

今月21日にInstagramを更新した大杉隼平氏。父である大杉漣さんが旅立ってからちょうど3か月が経ったこの日、隼平氏は改めて父親との突然の別れについて綴っている。

母親から父の突然の別れを聞いたという隼平氏。「あんなに寂しい母の声を聞いたのははじめてだった」といい、「心にぽっかりどころではない穴があき、時間の流れが分からなくなってしまった」とその当時の心境を明かす。

現在は周囲の仲間に支えられながら、自分のやるべきことに向かい続けているというが、それでも大好きな父親を失った悲しみは消えることはない。大杉さんを「親友のような人」という隼平氏は、「親父。あなたがいなくなりどれだけあなたに支えられ、好きだったかを痛感しています」「ただ一瞬でもいい。会いたいと感じてしまう日々」と切ない心境を言葉にすると、「私も父を亡くしてからその存在の大きさ、尊さをものすごく感じています」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.