くらし情報『JOY&ユージ“ハーフ会”の自然解散を振り返る「ある時から連絡が来なくなった」』

2018年6月3日 14:19

JOY&ユージ“ハーフ会”の自然解散を振り返る「ある時から連絡が来なくなった」

福岡でロケするJOYとユージ(画像は『【公式】ちょっと福岡行ってきました!2018年6月1日付Instagram「明日よる8時からはJOYさん&ユージさんの、ちょっと福岡行ってきました!」』のスクリーンショット)


ローラやベッキーSHELLYウエンツ瑛士そしてJOYユージといったハーフタレントが集まる「ハーフ会」は2015年頃に盛り上がった。当時はSHELLYウエンツ瑛士が中心となって呼びかけたと言われたものの、2018年となった今では「ハーフ会」の話題を耳にしなくなった。

そんななか6月2日に放送された福岡エリアのバラエティ番組『ちょっと福岡行ってきました』(TVQ九州放送)にJOYユージ仲良しコンビが出演、ロケで移動するタクシーのなかではトークが盛り上がった。

「そもそも皆、本当のハーフ会を知らない」と切り出したのはJOYである。ローラ、ベッキーウエンツ瑛士がいて…というイメージだが「あれは2代目」だという。初代はJOYとアントニー(マテンロウ)、植野行雄(デニス)の3人で始まり「初期メンバーにはEXILE関口メンディー」もいた。

「すると2代目ハーフ会が立ち上がり、巨大組織になっちゃった」「俺とアントニーは偵察に行って、楽しかったからそのまま吸収された」と話すJOYに、ユージが「ちなみに2代目を始めたのはSHELLYと俺ね」と補足する。当初はユージが「俺が男性タレントを呼ぶからSHELLYは女性タレントを呼んでよ」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.