くらし情報『メーガン妃、今月中旬にエリザベス女王と2人きりで公務へ』

2018年6月5日 14:32

メーガン妃、今月中旬にエリザベス女王と2人きりで公務へ

エリザベス女王、メーガン妃を伴って公務へ(画像は『Kensington Palace2018年4月21日付Instagram「Happy 92nd Birthday to Her Majesty The Queen!」』のスクリーンショット)


先月に結婚式を執り行い、晴れて「サセックス公爵夫人(Duchess of Sussex)」となったメーガン妃。王室に嫁いでまだ2週間あまりだが、意欲的に公務に取り組む姿勢を見せているようだ。今月中旬には、エリザベス女王と2人きりでチェスター市などを訪れる予定という。『Manchester Evening News』などが伝えている。

今月14日、エリザベス女王の公務にメーガン妃が単独でお供する予定であることが分かった。バッキンガム宮殿公式サイトの公務カレンダーに記された情報によると、2人はロンドンから北西約270kmに位置するチェシャー州ウィドネス市を訪れ、「カタリスト・サイエンス・ディスカバリー・センター(Catalyst Science Discovery Centre)」にて「マージー・ゲートウェイ橋(Mersey Gateway Bridge)」の開通式に出席予定とのこと。他にも、チェスター市の「ストーリーハウス・シアター(Storyhouse Theatre)」の開館や同市市庁舎でのランチの予定が入っている。

2016年にヘンリー王子との交際が明らかになってから、「バツイチの米国人女優など、エリザベス女王が首を縦に振るワケがない」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.