くらし情報『メーガン妃の父トーマスさん沈黙を破る<その3>チャールズ皇太子に嫉妬「私がメーガンの隣に寄り添うはずだった」』

メーガン妃の父トーマスさん沈黙を破る<その3>チャールズ皇太子に嫉妬「私がメーガンの隣に寄り添うはずだった」

2018年6月23日 03:00
 

『Good Morning Britain』に出演したトーマスさん(画像は『Good Morning Britain2018年6月18日付Twitter「WORLD EXCLUSIVE: ‘Daddy, I have a new boyfriend’ - Thomas Markle talks about his daughter’s romance with Prince Harry」』のスクリーンショット)


5月19日に実父欠席のまま英ヘンリー王子と結婚式を挙げた米国出身のメーガン妃。挙式から約1か月が経過した18日、父親トーマス・マークルさんが英情報番組『Good Morning Britain』に初出演を果たした。これまで散々タブロイド紙に追いかけ回され一方的に記事を書き立てられてきたトーマスさんが、このほど30分以上におよぶインタビューに応じ、自らの言葉でその胸中を赤裸々に告白した。

偽名を使いビバリーヒルズにてスーツを新調、航空券も予約し、ヘンリー王子とメーガン妃の挙式へ出席する準備を着々と進めていたトーマス・マークルさん。しかし連日の過熱報道によるストレスから持病が悪化してしまった。英国へ発つその日に再び激しい動悸と胸の痛みに襲われたトーマスさんは、やむなく挙式への参加を諦める決意をした。

(以下インタビューより一部抜粋)

―メーガンさんへは、挙式を欠席することはいつ伝えたのでしょうか?(メーガンさんは)知らせを聞いてどんな様子でしたか?

トーマスさん:2度目の入院のときです。メキシコとの国境から16kmほどのところにある米国のメディカルセンターに入院したのですが、手術を受ける前に(挙式に出席できないことを)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.