くらし情報『声優ユニットAqours『CDTV』で生パフォーマンス カメラ技術が猛練習の成果』

2018年6月30日 15:00

声優ユニットAqours『CDTV』で生パフォーマンス カメラ技術が猛練習の成果

『CDTV』でパフォーマンスしたAqours(画像は『ラブライブ!公式2018年6月28日付Twitter「TBS「CDTV’18上半期SPエンタメまとめ総決算」ご視聴してくださった皆様ありがとうございました」』のスクリーンショット)


アニメ『ラブライブ!サンシャイン!!』に登場する女性アイドルグループの声優陣が組んだ同名のユニット「Aqours(アクア)」が、6月28日にTBS系で生放送された『CDTV’18上半期SPエンタメまとめ総決算』にスタジオ出演した。番組では、事前にTBS伊東楓アナウンサーが大阪城ホールで行われたAqoursのライブに密着したVTRとともに人気の秘密を探る。

ライブ会場でAqoursの魅力についてファンに聞いたところ、多くから「アニメ映像と声優キャストのシンクロ」だと返ってきた。『ラブライブ!』の声優ユニット「μ’s(ミューズ)」が始めたシンクロパフォーマンスを継承して、さらに進化させた形である。

渡辺曜役の斉藤朱夏によると「何十回、何百回もアニメの映像を見て、振り付けの先生と“ここの角度はこうじゃない?”と作り上げる」という。全体リハーサルでもアニメ映像にあわせてパフォーマンスするなか、振り付けの先生がメンバーの体の向きを直したり「右手と左手が同じ高さになってる?」とアニメとのずれを指摘していた。

さらにこれまで「馬跳びのシーン」「ピアノを弾くシーン」などのシンクロにも挑戦しており、今回のライブでは「バク転シーン」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.