くらし情報『声優ユニットAqours『CDTV』で生パフォーマンス カメラ技術が猛練習の成果』

2018年6月30日 15:00

声優ユニットAqours『CDTV』で生パフォーマンス カメラ技術が猛練習の成果

が見どころとなる。

本番のステージで『MIRACLE WAVE』が流れ、高海千歌役の伊波杏樹がバク転に成功するとファンのテンションも一気に盛り上がり会場が一つになった。

伊東アナの取材によるVTRを見た後、スタジオにいよいよAqoursの9人が登場、MCの安住紳一郎アナウンサーが「シンクロパフォーマンスは大変でしょう」と聞いたところ、伊波は「シンクロは大変な部分もありつつ、メンバーそれぞれ愛を持って取り組んでいるので、難しいというより楽しいに近い感じです」と答えた。

安住アナはスタジオでのリハーサルを見て、Aqoursのパフォーマンスは完璧だと実感する一方で「TBSのカメラ技術も猛練習しました」と明かす。さらに「本日のテクニカルディレクター、スイッチャーはナカノケイが担当します!スイッチングを間違うとシンクロにならないのでその辺もご注目ください!」とプレッシャーをかけた。

生放送なのでスイッチングも真剣勝負だ。テレビ初披露となる『WATER BLUE NEW WORLD』のパフォーマンスが始まると、ワイプに映るアニメとステージのメンバーをタイミングよくスイッチングしてシンクロさせていく。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.