くらし情報『中田英寿と久々に再会した前園真聖 「ゾノ」から「前園さん」へ昇格』

2018年6月30日 19:10

中田英寿と久々に再会した前園真聖 「ゾノ」から「前園さん」へ昇格

中田英寿さんと前園真聖(画像は『MAEZONO MASAKIYO2018年5月28日付Instagram「久しぶりにヒデと」』のスクリーンショット)


元サッカー選手でタレントの前園真聖が、1996年のアトランタ五輪で日本代表として共にプレイした中田英寿さんを訪ねた。6月29日放送の特別番組『緊急生放送!FIFAワールドカップ 祝!日本代表・決勝T進出決定SP』(TBS系)で2人の貴重な対談が紹介され、中田英寿さんは現在何をしているのか、またワールドカップ(W杯)ロシア大会が始まる2か月前に就任した西野朗監督についてなどサッカーへの思いを語っている。

初めて出会った当時、前園真聖は23歳、中田英寿さんは19歳だったが、前園は「ゾノ」と呼び捨てにされていたと明かす。

現在44歳の前園が中田さんのオフィスを訪れると、何かの打ち合わせ中だ。入口で待っていると気づいた中田さんが「前園さん!」と声を掛けた。時が過ぎ「ゾノ」から昇格した前園は「打ち合わせ中だから入りづらかったよヒデ」と親しみを込めて返した。

中田さんは2016年にJAPAN CRAFT SAKE COMPANYを起業して日本酒会社の社長となり、世界中に日本酒の良さを発信している。この日の打ち合わせも新商品「キットカット梅酒味」の最終調整で日本酒関連の仕事だという。

そんな彼に前園が「でも最初はワインというか、それまで飲んでなかったもんねヒデ。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.