くらし情報『“W杯”長友佑都の雄姿に平愛梨「4年後を想像…」 一方では日本代表次期監督案が浮上』

2018年7月3日 11:39

“W杯”長友佑都の雄姿に平愛梨「4年後を想像…」 一方では日本代表次期監督案が浮上

長友佑都「ありがとう。やりきった。出し切った。最高に楽しいW杯だった」(画像は『YutoNagatomo 長友佑都2018年7月3日付Instagram「ありがとう。」』のスクリーンショット)


「2018 FIFAワールドカップ」ロシア大会で7月3日、日本代表は決勝トーナメント1回戦で強豪ベルギー代表と対戦した。善戦の末「2-3」で惜敗したものの、その戦いぶりはベルギーをはじめ海外メディアからも称賛されている。

長友佑都選手はSNSで「ありがとう。やりきった。出し切った。最高に楽しいW杯だった」とツイートしている。悔しさもあるなか、今大会で日本代表の可能性を示したと言えるだろう。

さらに長友選手が「こんな下手くそを使ってくれた監督、仲間、いっぱいのエネルギーを送ってくれた皆さんに心から感謝します」とつぶやいておよそ4分後、呼応するかのように妻の平愛梨が「熱くなった。こんなにも没頭できる感情!夢と希望があるって生きる力が湧き想像を膨らませたくさん笑える喜びを知りました!」とツイートした。

彼女は「4年間の重み。長く感じるようであっと言う間!」と選手の努力を思いつつ、「4年後を想像して目標を持って過ごそうと思わされた特別な日でした!」という。

ベルギー戦を終えて本田圭佑選手が「これでW杯は最後になる。4年後は考えられない」、香川真司選手は「4年後はわからない」と話している。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.