くらし情報『なだぎ武『西郷どん』で中川宮役「私の貴重な大河デビュー、見逃さないで」』

2018年7月17日 10:00

なだぎ武『西郷どん』で中川宮役「私の貴重な大河デビュー、見逃さないで」

中川宮の衣装を着たなだぎ武(画像は『なだぎ武2018年7月15日付Instagram「まさか今日だと思ってなかったので告知遅れましたが、ワタクシ、『西郷どん』に中川宮役でちょろっと出させて頂きました。」』のスクリーンショット)


よしもとのお笑いタレント・なだぎ武が、7月15日放送のNHK大河ドラマ『西郷どん』第26回「西郷、京へ」に出演した。彼がオンエア後にSNSで「まさか今日だと思ってなかったので告知遅れましたが、ワタクシ、『西郷どん』に中川宮役でちょろっと出させて頂きました」とつぶやいている。

第26回「西郷、京へ」では、沖永良部から薩摩に戻った主人公・西郷吉之助鈴木亮平)が京へ上る。京では、亡くなった前薩摩藩主・島津斉彬渡辺謙)からの信頼が厚く、現薩摩藩主・茂久の父で国父として実権を握る島津久光からは二度も遠島を命じられた「西郷とはどのような男だ」と噂されていた。

西郷の名を口にする人物として勝海舟遠藤憲一)と坂本龍馬小栗旬)、さらに岩倉具視笑福亭鶴瓶)といった豪華な顔ぶれが並び新展開を思わせる。そんな回に中川宮なだぎ武)が登場したのだから目立たない。

京では政(まつりごと)を行うため「参与会議」が開かれ、朝廷から皇族の中川宮、一橋家当主・一橋慶喜松田翔太)、薩摩藩主の父・島津久光青木崇高)、越前福井藩主・松平春嶽津田寛治)、土佐藩前藩主・山内豊信大鷹明良)、会津藩主・松平容保柏原収史

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.